【ルアンパバーン】米オバマ前大統領も見学したワットシェントーンは美しさで見どころ一杯でした

ルアンパバーン滞在中には、街の北東に位置するワットシェントーンを見に行った。ワットシェントーンは世界遺産の街、ルアンパバーンを象徴する寺院と言われている。建立は1560年で、ラオスにかつて存在していたラーンサーン王国の16代目の王、セーターティラート王によるもの。その姿はラオスのすべての寺院のなかで、最…