バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



【タイ】パタヤの綺麗なホテル「パタヤブルースカイ 」宿泊記 '14

2014.11.29(9日目)
パタヤでの宿泊は清潔で綺麗なホテル「パタヤブルースカイ」だった。節約旅行のゲウトハウスではなく、きちんとしたホテルも友人となら良し。そんなパタヤブルースカイの一部を紹介したい。
 
スポンサーリンク
 

 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20150223183540j:plain

場所はパタヤの南に位置しており、ビーチロードと2ndロードの中間地点。ウォーキングストリートからは離れてしまうが、その分静かに過ごせる地域だ。ホテルのある5Alleyから見てそれと分かるホテルの看板があった。

f:id:TommyBackpacker:20150223141257j:plain

そのホテルの外観は立派そのもの。いやいや、安宿しか泊まったことのない身分にはそう見えるだけで、友人いわく普通のホテルらしい。

部屋の様子

f:id:TommyBackpacker:20150223141432j:plain

友人と一緒なので予約した部屋はツインで、1,150B(約4,100円)の部屋。一人約2,050円の計算になる。それにしても円安の波は確実に財布を蝕んでいく。1B=3円の時代は何処へ。1B=4円はもう時間の問題なのか。

とは言え、一人だと二の足を踏んでしまう料金の宿も、二人なら泊まれてしまう。一人旅では絶対泊まらないホテルだ。普通のホテルだが豪華に見えるのは、チープな旅に慣れた証拠か?

f:id:TommyBackpacker:20150223141927j:plain
◇インスタントコーヒーは無料。お菓子などは有料

f:id:TommyBackpacker:20150223183443j:plain
◇部屋からベランダを眺める

f:id:TommyBackpacker:20150223183511j:plain
◇テレビも付いている。が、「旅先でテレビは見ないんだよなぁ」

 
f:id:TommyBackpacker:20150223142030j:plain

部屋にベランダの有無は重要。夜は大抵遊びに行くので、翌朝をイメージすればいい。清々しい朝にベランダで飲むビアシンハーは最高!
 

まとめ

ウォーキングストリートや、ラン島への玄関口から遠いが、ゆっくり静かに過ごすことができた。付近には飲食店やコンビニ、バーもあり、何ら不自由することなくパタヤの風を感じることができた。騒ぎたい人には不向きな立地なことは確実である。
 

Pattya Blue Sky 

料金:1部屋1泊1,150B(約4,100円)ツイン、朝食付
住所:235/4 Pattaya Beach Road Soi 5, Chonburi, パタヤ ビーチ ロード, パタヤ, タイ

設備:Wi-Fi完備、エアコン、ホットシャワー、トイレ室内、テレビ付
インスタントコーヒー付   屋上にプールとフィットネスマシン有

その他:朝食はバイキングスタイルで、野菜を多く食べられるのが良かった。

欠点:石材の床が結露でびしょびしょになることだろう。
常に拭くか、エアコンを停めるか、気にしないのが解決策。

 

▼▼ ▼ Booking.comでパタヤブルースカイの詳細を見る▼ ▼ ▼  

Booking.com|パタヤブルースカイ|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 


◇Pattaya Blue Skyの場所

 

るるぶタイ バンコク・アユタヤ'19ちいサイズ (るるぶ情報版 A 9)

るるぶタイ バンコク・アユタヤ'19ちいサイズ (るるぶ情報版 A 9)

 
D18 地球の歩き方 バンコク 2018~2019 (地球の歩き方 D 18)

D18 地球の歩き方 バンコク 2018~2019 (地球の歩き方 D 18)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 
スポンサーリンク
 

 


当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.