バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



【チェンマイの街散歩】オシャレなソイ歩きでカフェとターペー門で海老の夕食

f:id:TommyBackpacker:20151021183608j:plain

チェンマイの街散歩第二弾。ワローロット市場とトンラムヤイ市場を堪能した続きが今回のお話し。

関連記事【チェンマイ街散歩】ターペー門からワローロット市場のチャイナタウンまで

スポンサーリンク
 

 


ターペー門近くのカフェ

f:id:TommyBackpacker:20151021185736j:plain

お堀の外側に来ると、雰囲気の良さ気なカフェを発見したので、入ってみることにした。道沿いの席に腰を降ろすとお堀の噴水が見える。旅先では昼夜問わず大体ビールを口にするが、コーヒーだってそれに負けないくらい飲む。

 

f:id:TommyBackpacker:20151021194930j:plain

注文したのはホットアメリカーノ。タイのアメリカーノは、日本で飲むアメリカンと違って薄くはない。コーヒーを口にすると心が落ち着き眠くなってしまった。

f:id:TommyBackpacker:20151021195415j:plain

 

Coffee Band
場所:ターペー門から50mほど北のchaiyapoom Rd沿い
TEL:089-191-4421
アメリカーノ ホット:45B
FreeWi-Fi完備、ケーキも1つ59〜65Bで販売している

 

チェンマイのソイ散歩 

f:id:TommyBackpacker:20151021200236j:plain

美味しいコーヒーで一息つくと、市場(Sompet Market)がある通りを歩く。

f:id:TommyBackpacker:20151021201029j:plain

もしこの辺に住んだなら、チャイナタウンまで行かなくても、こんな市場で十分だろう。

f:id:TommyBackpacker:20151021201256j:plain


チェンマイのお堀の周辺では、一番安いマッサージ店が密集しているエリアが市場のある通り。チェンマイ滞在中に、この通りで2回マッサージを受けた。

 

f:id:TommyBackpacker:20151021200926j:plain

タイマッサージは150B/1h(約500円)。他店は1時間200Bはするので、ここがいかに安いか分かる。技術も悪くなかった。

f:id:TommyBackpacker:20151021202019j:plain

マッサージ街のソイをさらに直進する。

f:id:TommyBackpacker:20151021202105j:plain

お洒落なゲストハウス兼カフェ。こういう建物は好みである。

f:id:TommyBackpacker:20151021202212j:plain

東京に住んでいるせいか、小路とか裏道とかに落ち着きを覚える。

f:id:TommyBackpacker:20151021202355j:plain

古着のお店だろうか。なんだか下北や高円寺の空気が流れている。

f:id:TommyBackpacker:20151021202550j:plain

小さな店はとても気になってしまう。日本にいても、カフェバーや大衆酒場も小さい店を好む傾向にある。

f:id:TommyBackpacker:20151021202832j:plain

街を歩くと、レディースの店も多数あることに気づく。チェンマイは欧米人が持ち込んだ街づくりなのか、欧米人に合わせた街づくりなのか。どちらなんだろう。それにしても、女性が好みそうな街に違いはない。

f:id:TommyBackpacker:20151021203232j:plain

散歩の最中、犬が吠えながら追っかけてきた。野犬はマジで勘弁、洒落にならない。

f:id:TommyBackpacker:20151021203446j:plain

宿泊先のすぐ近くにフットサル場を発見。こういう光景は妙に落ち着く。

f:id:TommyBackpacker:20151021203709j:plain

フットサル場の前と歩道の間の空間。この使い方が好き。

f:id:TommyBackpacker:20151021203903j:plain

チェンマイのお堀の周辺は、車の交通量が多い。そのうえ信号がついた横断歩道が少ないので、渡るのに一苦労する。数少ない信号機付の横断歩道も、赤になる速度が異常に早い。走って渡らないと間に合わないのが、お堀周辺の歩行者用信号だ。これじゃベトナムの方がよっぽど渡りやすい。

スポンサーリンク
 

夜のターペー門

f:id:TommyBackpacker:20151021204951j:plain

すっかり日が暮れて、夜のターペー門へやってきた。

f:id:TommyBackpacker:20151021205138j:plain

f:id:TommyBackpacker:20151021205155j:plain

東南アジアで欧米人がハンバーガーにかぶりついている姿は面白く見ているが、寿司に食らいつく光景も面白く見ている。彼らはタイ料理を食べないのか。それにしても、これをほんとの寿司と思われては困る。

f:id:TommyBackpacker:20151021205530j:plain

ステージではミュージシャンの演奏。フードコートでよく見る光景だ。

f:id:TommyBackpacker:20151021205633j:plain

しかし、飲食場所からまったく見えないつくりではないか。なんなんだ、この設営は。

f:id:TommyBackpacker:20151021205954j:plain

昼間ターペー門に来たとき、目をつけていた海老が今夜の食事となった。 海老の料金は200B(約680円)。ターペー門のフードコートはアルコールを販売していないため、近くのコンビニで買った缶ビールと共に食べる。最高ではないか。それにしてもチェンマイは山沿いの街だから、海老はピンとこない。ピンだけに、まさかピン川の川海老か。まあ、どうでもいいか。

f:id:TommyBackpacker:20151021210745j:plain

海老だけでは物足りないので、写真右手の猪肉:20B(約68円)と、左手の鶏肉40B(135円)も頬張る。海老に負けじとビールとの相性がいい。

さてさて食事を終えるとほろ酔い気分で、チェンマイ門へ向かった。今日は土曜日。サタデーマーケットが開催されている。


関連記事【チェンマイ街散歩】ターペー門からワローロット市場のチャイナタウンまで

 

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

タイ行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

 

 

スポンサーリンク
 



当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.