タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

20171112070417 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

今回のタイ旅行の往復は、タイエアアジアXのXJ601便とXJ600便を利用しました。路線は東京・成田ーバンコク・ドンムアン線です。僕のタイ旅行では、よく利用する路線ですが、久しぶりに空の旅をリポートしたいと思います。

スポンサーリンク

 

成田→ドンムアン:XJ601便

20171111094859 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

まずは往路の成田→ドンムアン線からです。エアアジアはLCCですが、ターミナルはLCCターミナルの第3ではなく第2です。出発時間は朝の9時15分。チェックインは出発の3時間前から受付けており、6時30分過ぎにカウンターへ向かうと、誰も並んでいることなく、素早く発券してもらいました。なお、僕はインターネットで予めチェックインは済ませているので、発券のためにカウンターへ向かいました。そして印刷したバウチャーは見せることなく、パスポートの提出だけで発券してもらいました。

20171111091459 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

搭乗ゲートは83番。イミグレーションから10〜15分ほど歩いた場所にありました。この日は週末土曜日でしたが、多くの客でごった返す様子もなく、ゆるりとした空気が流れています。

20171111090726 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記
◇これから搭乗するXJ601便。赤い機体が僅かに顔を出しています

座席

20171111091745 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

座席は機体真ん中辺りの通路側。チェックイン時に勝手に通路側になったので、追加料金を支払うことなく、そのままバンコクへ向かいます。

20171111092634 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

座席間は相変わらずこぶしひとつ入るくらいの間隔。もうこのくらいは慣れております。バニラエアよりはゆとりがあります。

機内食

20171111092115 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

朝の便なので、チケットの購入時に、予め機内食も注文しました。250バーツのチキンライスにドリンクが付いたメニューです。ピリリと辛いタレが美味しかったです。

機内での楽しみ方

20171111092603 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

機内ではAmazonプライム・ビデオir?t=tommybp24 22&l=am2&o=9&a=B00N28818A - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記を見て過ごしました。映画や音楽を楽しめないLCCで、Amazonプライム・ビデオは必須です。自宅で予めダウンロードをしておけば、オフラインで映画を楽しむことができます。そして映画を見終えると、世界一周ブログを運営するあつしさんが、自転車で日本一周をする旅の模様を書いた作品を、Kindleアプリで読んだりして過ごしました。バンコクまでのフライト時間は約7時間。あっという間のフライトでした。

Amazonプライム・ビデオはこちらからir?t=tommybp24 22&l=am2&o=9&a=B00N28818A - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

スポンサーリンク

 

ドンムアン→成田:XJ600便

20171111093954 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

さて、復路のXJ600便は深夜のフライトになります。ドンムアンを23時45分に発ち、成田に朝の8時に到着します。疲れは残りますが、一日遊んでホテル代がいらない深夜便は、お財布に優しいフライトといえます。

また、タイエアアジアXのドンムアン空港からは、印刷したバウチャーでそのまま出国手続き、手荷物検査、搭乗までできるので、インターネットでチェックインをすれば、早めに空港へ行かなくてもいいところが気に入っております。

座席はクワイエットゾーン

20171111094337 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

座席は前方のクワイエットゾーンでした。クワイエットゾーンとはお子様などは座れない、静かに過ごせる空間で、通常560バーツの追加料金を支払うと座ることができます。今回のフライトでは、インターネットでチェックイン時に、この席が割り当てられ、追加料金を支払うことなく、クワイエットゾーンで過ごすことができました。しかも通路側でラッキーです。特に深夜便では嬉しい限りです。

20171112064411 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記
◇クワイエットゾーンは前から3列目から9列目。座席番号だと7から14です

深夜便なので機内食は食べることなく、朝まで寝て過ごしました。クワイエットゾーンはやはり静かなのでそれなりに眠ることができ、機体前方の座席なので、着陸後はササッと入国ができました。

まとめ

20171112063451 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

今回利用したタイエアアジアXの料金は、往路がプロモ価格で13,941円。復路は同じくプロモ価格で3,912バーツ。日本円で約13,000円ほどでした。9月の搭乗で、購入時は5月。4ヶ月前に購入すればタイ往復を3万円切る価格で行けるなというのが、僕の感覚です。近年、腰を抜かすようなLCCのプロモ価格を目にすることが減ってきましたが、2万円台でタイ往復ができれば良しとしたいですね。

航空会社:タイエアアジアX
購入時期:
2017年5月
搭乗時期:2017年9月
路線:東京/成田⇔バンコク/ドンムアン 往復
購入金額:28,341円 諸税、機内食込み

>>>バンコクのゲストハウスならモノマーホステルをおすすめします

gifbanner?sid=3224669&pid=884126785 - タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記Agoda.com|MONOMER HOSTEL BANGKOK|宿泊予約・レビュー・空室確認

スポンサーリンク

 
カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
空港&飛行機

コメントを残す

*