深夜のVIPバスでバンコクからメーソートへ!簡単インターネットで事前購入がおすすめ

f:id:TommyBackpacker:20191007215704j:plain


ごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker) です。

僕は先日タイ旅行へ出かけ、首都バンコクからミャンンマーとの国境の街、メーソート へ深夜バスで移動しました。

チケットは事前にインターネットで購入したので、チケットの有無を気にすることなく、旅の日程を順調に消化することができました。

今回はそんな『バンコクからメーソートまでの深夜バス乗車記』です。

スポンサーリンク
 

 

モーチットの北バスターミナル

f:id:TommyBackpacker:20191007213430j:plain


メーソートまでのバスターミナルは、モーチットにある北バスターミナルです。北バスターミナルは主にタイ北部や東北地方へ向かうバスが運行しています。


◇モーチット北バスターミナルの位置関係

事前購入はタイチケットメジャー

f:id:TommyBackpacker:20191007213434j:plain


チケットは事前に『タイチケットメジャー』で購入しました。バス会社はタイ人に人気のトランスポート社です。

料金は630THBプラス手数料等が69THBで、合計699THB(約2,450円)でした。

タイチケットメジャーとは、タイ国内のバスチケットやイベントなどのチケットを予約購入できるサイトです。

タイのバスは週末、祝日などは大変混雑します。社会人のショートトリップの身としては、バスターミナルへ行ってチケットが無ければ明日でいいや……という訳にはいきません。

若干の手数料はかかりますが、クレジットカードにて決済できるので、ぜひおすすめしたいです。

購入の仕方は以前にバンコクからラオスのビエンチャンまでの国際バスで利用した体験記を当ブログで記事にしておりますので、そちらを参考にしてみてください。

▷▷▷タイからラオスへ630km!タイ人に人気の国際夜行バスで陸路国境越え!!

プリントアウトしたバウチャーをチケットカウンターへ提出すると、チケットを発券してくれます。チケットカウンターの場所は、バスターミナル正面のオレンジ色の外観の場所です。室内ではなく、屋外にあります。

なお、直接購入する場合でも、こちらのカウンターで購入できます。

▷▷▷タイチケットメジャーのサイトを見る 

 

VIPバスの時刻表

f:id:TommyBackpacker:20191008224948p:plain

トランスポート社のモーチットからメーソート行きのVIPバスは1日5本。

・8時15分
・19時15分
・20時50分
・21時30分
・22時30分


午前中は8時台の1本のみ。夜がメインの路線です。メーソート へ着いたその足で、ミャンマーのミャワディ側へ国境を越える人は、21時台か22時台が現地で時間を潰さなくていいみたいです。

上記表の下二段は、ファーストクラスとセカンドクラスです。トイレの心配があるなら、絶対ファーストクラス以上ですよね。

VIPバスの全容

f:id:TommyBackpacker:20191007213437j:plain


さて、僕が乗車するバンコクからメーソート行きのVIPバスは111番の停留所でした。バスの外観は普通のバスと何んら変わりありません。本当にVIPか?という感じです。

f:id:TommyBackpacker:20191007213440j:plain


背負っていたバックパックを預け、パスポートを車内へ持参することを確認すると、いざ乗車です。パスポートはメーソートの手前で警察によるチェックがありますからね。それは国境に近い地域ということを示しています。

f:id:TommyBackpacker:20191007213439j:plain


車内は2−1の3列シート。

特に1列シートは隣の人を気にしなくて良いので、とっても快適です。これがVIPバスの良さだと思います。

f:id:TommyBackpacker:20191007213443j:plain


身体を包み込むようなシートで、リクライニングも135度倒れます。これがファーストクラスだと125度ですからね。この10度の差は、深夜便にて大きいんです。

f:id:TommyBackpacker:20191007213441j:plain


毛布が付いているのは嬉しい限り。東南アジアのバスは冷房が効きすぎて寒いですからね。

f:id:TommyBackpacker:20191007213446j:plain


コンセントが付いていたので、スマートフォンやカメラの充電に重宝しました。USBタイプではないので、コンセントタップが必要です。

f:id:TommyBackpacker:20191007213448j:plain


朝食用のパンとスイーツ、水、インスタントコーヒーも付いていました。

スポンサーリンク
 

出発と途中休憩

f:id:TommyBackpacker:20191007214746j:plain


バスは定刻通り、午後10時30分に北バスターミナルを出発します。


f:id:TommyBackpacker:20191007213453j:plain


出発から2時間後、午前0時30分にアユタヤのちょっと先にあるシンブリーという場所で、約20分の休憩がありました。

食事処やコンビニがありましたが、夜中でお腹は満たされていたので、ドリンクを飲んで過ごしました。

それから車内にトイレはありますが、ゆっくりトイレ休憩をすることができたので安心でした。

f:id:TommyBackpacker:20191007213449j:plain


バスは再び深夜の街道を走り出します。

そして午前6時近く、メーソートの街に入りました。

f:id:TommyBackpacker:20191007213452j:plain


午前6時頃、メーソートバスステーションに到着しました。定刻よりちょっと早かったです。

空が少し明るくなっており、夜明けが近いことを実感します。

バスステーションからの移動

f:id:TommyBackpacker:20191007213455j:plain


メーソートバスステーションは、メーソート空港の近くに位置しています。国境ではなく、メーソートの街で宿泊する場合は、手前の停留所で降りるか、乗車時に添乗員に伝えておくとよいです。

僕はバイタクで街中まで移動しました。料金は相場の100THB(約350円)でした。

f:id:TommyBackpacker:20191007213458j:plain


早朝のバイタク移動は、目が覚めてとても気持ちよかったです。

深夜VIPバス (バンコクからメーソート )のまとめ

深夜の移動は寝つきが悪くて苦手なんですが、シンブリーでの休憩後は割と寝付くことができました。ただ、メーソートの近くで、パスポートチェックによって起こされましたがね。寝惚け眼で警察に対応したと思います。

乗車記録:バンコク→メーソート
料金:699THB
購入:タイチケットメジャー
所要時間:7時間30分 (途中20分の休憩あり)

動画版でもご覧ください


ミャンマー&ちょっとタイ10日間周遊旅2019 #1 深夜のVIPバスでバンコクからメーソートへ移動&メーソートのホテル 【海外旅行のVLOG】


今回の模様は動画版も作成しましたので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

 

関連記事:タイ国境の街メーソートのクイーンパレスホテルがプール&ビュッフェスタイルの朝食付きで快適! 

 

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 (るるぶ情報版(海外))

るるぶタイ バンコク・アユタヤ’20 (るるぶ情報版(海外))

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.