バンコク新観光名所「マハナコンスカイウォーク」の絶景すぎるガラス張りの床に衝撃!

f:id:TommyBackpacker:20190303194113j:plain


皆さんごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

突然ですが2018年11月にタイで一番高い高層ビルが、バンコクにオープンしたのをご存知ですか?

その名は「マハナコンタワー」です。

そのマハナコンタワーにある、マハナコンスカイウォークが話題になっているんです。それは高さ314メートルの展望台が、なんとガラス張りの床なんです。

その絶景ゆえ、オープン以来様々な人がインスタにアップして、人気を博しています。

そんなインスタを眺めては、僕も触発されてしまいました。

ということで……
マハナコンスカイウォークの実態を確かめに、現地へ行ってきました。

するともう足がすくむ思いで、絶景の域を超えましたよ。
あ〜、怖い怖い、衝撃です。

スポンサーリンク
 

 

マハナコンスカイウォークへの行き方

f:id:TommyBackpacker:20190303151246j:plain

マハナコンタワーの最寄り駅は、BTSチョンノシー駅。3番出口から出ると、連絡通路と結ばれており、展望台へのチケット売り場へ最短で行くことができます。

f:id:TommyBackpacker:20190303151523j:plain

連絡通路にあるスカイウォークの看板が気持ちを高めます

マハナコンタワーの外観

f:id:TommyBackpacker:20190303151720j:plain

マハナコンスカイウォークがある高層ビルの「マハナコンタワー」の外観は、崩れかかったビルの演出をしており、まるでレゴブロックのようです。

そんなマハナコンタワーの高さは314メートル、地上77階建てです。

ビル内には免税店のキングパワーと土産物屋、ホテル、レジデンスなどが入居しており、今回目指す展望台は74階、そしてガラス張りの床があるオープンエアの展望デッキが77階にあります。

チケットの値段

f:id:TommyBackpacker:20190303152501j:plain

1階の入口から入ると、まずはチケットの購入に走ります。

展望台への入場料は850THBですが、2019年1月末までのオープン記念で、765THBで入場することができました。しかも最上階にあるルーフトップバーで飲める無料ドリンク付きで、これにはラッキーな気分!

f:id:TommyBackpacker:20190303153549j:plain

チケット売り場のモニターには割引の金額表示。嬉しいですね

チケットもインスタ映え

f:id:TommyBackpacker:20190303153802j:plain

インスタ映えすると人気のマハナコンスカイウォークですが、チケットもインスタ映えすると評判です。数種類あるデザインのなかから、この日は友人に付き合ってもらったので、2種類のデザインされたチケットを手にしました。

入場時の注意点

チケット購入後は74階へ向かうエレベーターへ向かいますが、その前に手荷物検査があります。その際、ペットボトルなどの飲料水は没収されます。また、ライターなどの可燃性も没収されます。なお、大きな荷物などは、無料で預かってくれます。

 

わくわく高速エレベーター 

f:id:TommyBackpacker:20190303154606j:plain

手荷物検査後はエレベーター乗り場へ向かいます。その空間はミラー張りになっており、近未来的な演出で出迎えてくれました。なんだかわくわくしますね。皆写真撮影に必死です。

f:id:TommyBackpacker:20190303154957j:plain

そしてエレベーターに乗り込むと、なんとエレベーター内は全面スクリーンになっており、バンコクの街並みを動画で紹介していました。とってもスピード感のある動画なので、高速エレベーターも相まって、74階の展望台まであっという間でした。ちなみに所要時間は約50秒でしたよ。

74階の展望台から見る夕日

f:id:TommyBackpacker:20190303173616j:plain

74階のフロアを見渡すと、想像よりは空いていました。東京スカイツリーなんか、いつ行っても混雑していますからね。これはいいです。

f:id:TommyBackpacker:20190303155604j:plain

そして窓からの眺めは、ちょうど日が暮れるころ。バンコクの街が赤く染まる時間帯で、とっても綺麗でした。

f:id:TommyBackpacker:20190303174033j:plain


そしてチャオプラヤー川がグイッとUの字にくねっている様子は、まるでマジェスティックホテルから見るサイゴン川のよう。あっ、ホーチミンの話しです。

f:id:TommyBackpacker:20190303174819j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190303174821j:plain


フロア内には幾つかのモニターがあり、目の前の景色と同じイラストが描かれておりました。これらを眺めながら、実際の景色と照らし合わせるのも面白いです。

f:id:TommyBackpacker:20190303174717j:plain

74階からの景色を存分に楽しむと、今度は77階にあるオープンエアの展望デッキへ向かいます。

f:id:TommyBackpacker:20190303181843j:plain


ちなみに74階と77階を結ぶ移動手段は、エレベーターか階段を徒歩で行き来することを選べます。

77階から見る絶景展望台

f:id:TommyBackpacker:20190303175202j:plain

74階から77階へ移動すると、一番の違いは風を感じることです。やはりオープンエアは、開放感があります。

f:id:TommyBackpacker:20190303175354j:plain

人が少ないと感じたのは、皆77階にいたんですね。沈む太陽を狙ってカメラを構えた人が多く見えます。どこの国へ行っても、夕日への想いは共通ですね。なぜ人はこんなにも太陽に魅了されるんでしょうか。

スポンサーリンク
 

絶景パノラマビューのルーフトップバー

f:id:TommyBackpacker:20190303175653j:plain

さて、77階からの絶景を見る前に、ルーフトップバーでドリンクを注文してみます。

 

f:id:TommyBackpacker:20190303175839j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190303175841j:plain


主なドリンクの料金は以下の通りです。

  • ビール 270〜430THB
  • カクテル類 940THB
  • スピリッツ類 480THB
  • ワイン赤/白/ロゼ 540THB ボトルは2,550THB
  • シャンパン 940THB ボトルは4,850THB
  • ジュース類 120〜290THB
  • 水 80〜160THB
  • コーヒー類 HOT 140THB/ICED 160THB
  • お茶類 140〜160THB

f:id:TommyBackpacker:20190303180520j:plain


数あるメニューの中から「マハナコンホワイトエール」を注文。価格は330THBですが、オープン記念で100THB引きの230THBでいただきました。味は柑橘系のさっぱりとしたビールでしたよ。

f:id:TommyBackpacker:20190303180852j:plain

さて、このドリンクをどこで飲むかというと、スタジアムの観客席のようなところで飲むみたいです。

f:id:TommyBackpacker:20190303181017j:plain

ルーフトップバーがあると耳にしていたので、以前行ったオクターブのようなバーを想像していたんですが、全然違いますね。お酒はあくまでオマケ程度です。

関連記事バンコクの絶景ルーフトップバー「オクターブ」はハッピーアワーが安くておすすめ!!

 

f:id:TommyBackpacker:20190303181512j:plain

それでも最上階部分の314メートル地点から見える景色は爽快です。360度のパノラマビューです。目の前を遮るものがなく、バンコクの風をすべて受け止めることができます。

床がガラス張りの絶景スポット

f:id:TommyBackpacker:20190303182122j:plain

お酒を楽しんだあとは、本日のメインイベント「床がガラス張りの絶景スポット」を楽しむ時間です。

f:id:TommyBackpacker:20190303182801j:plain


ハイ、約300メートル下の世界が丸見えです。スケスケの透明ですから当然です。もう子ども達は大喜びで、怖がる様子は一切ありません。

f:id:TommyBackpacker:20190303183030j:plain

僕は特別高いところを恐怖に感じませんが、さすがに床が透明な体験は初めてに近く、これは怖いです。床が抜けたら、絶対プラユット様に文句言ってやります。

f:id:TommyBackpacker:20190303183402j:plain

あぁ、もう好きにして。

f:id:TommyBackpacker:20190303184032j:plain


散々はしゃいでいると、バンコクの街に火が灯りました。景色は昼から夜の顔へ。あぁ、旅っていいですね。

ガラスエリアの注意点

f:id:TommyBackpacker:20190303183549j:plain

なお、ガラスエリアに入る際はカバーを渡されるので、きちんと靴をカバーしてから入場します。

f:id:TommyBackpacker:20190303182614j:plain


そしてガラスエリアでのスマホやカメラの取り出しと撮影は禁止なので、エリア外から誰かに撮影してもらう必要があります。もし1人で行った際は、そこら辺の人に撮ってもらいましょう。みんなテンション高いので、きっと大丈夫です。

マハナコンスカイウォークのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190303184826j:plain

バンコクに出来た新観光名所「マハナコンスカイウォーク」へ初めて足を運んでみましたが、ガラス張りの床から見る絶景スポットは、なかなか体験することがなく、十分に楽しむことができました。

改めてマハナコンスカイウォークの良かった点と注意点をまとめておきます。

  1. 夕日と夜景の両方楽しめる夕方から向かうのがおすすめ
  2. 混雑を避けるなら朝から昼間がおすすめ
  3. 酒をメインにしたルーフトップバー目的には向かない
  4. ほんとに怖いので高所恐怖症の人は要注意

バンコクも何度目かになると、なかなか観光名所へ足を運ばなくなりますが、久々に楽しい名所に巡り会えて、有意義な時間を過ごすことができました。

それにしても、楽し怖いの不思議な感覚でしたよ。
hahaha……。

マハナコンタワーのスカイウォーク

住所:114 Naradhiwat Rajanagarindra Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 タイ
アクセス:BTSチョンノシー駅から徒歩1分
営業時間:10時〜24時
定休日:年中無休
入場料:850THB

 


◇マハナコンタワーの位置関係


*絶景パノラマビューのあとは、チョンノシーで熟成肉のディナーとクラフトビールはいかがですか?
関連記事安価で超旨!アーノズブッチャーステーキでバンコクの熟成肉を喰らう!!

関連記事バンコクのビアホールでショーを見ながらクラフトビールを楽しむ過ごし方 

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルがエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.