バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



バンコクで世界旅行の気分!アソーク&スクンビットにある「ターミナル21」各フロアガイド

f:id:TommyBackpacker:20180930230534j:plain


バンコクのアソークに、2011年10月にオープンした「ターミナル21」へ行ってきたので紹介したい。
 
ターミナル21は、地下1階、地上6階建てのショッピングセンターで、1日の来店者数が約5万人(2011年11月現在)と、好調なショッピングセンターだ。いま新たな観光名所として注目を浴びている。
 
そんなターミナル21の特徴は、

 

「空港のターミナルをテーマにしたショッピングセンター」

 

ということだ。
 
日本の東京、アメリカのサンフランシスコ、ハリウッド、ヨーロッパのパリなど、各階ごとに各国の都市名と、その国の演出がされている。これは旅行記ブログを書いている身として、心躍る場所なのである。
 
スポンサーリンク
 
 

Mフロア:パリ  

 
BTSのアソーク駅の1番出口を出ると、駅とターミナル21を結ぶ連絡通路がある。その通路から入口に入ると、空港の出発案内をイメージしたビジョンが目に入る。 

 

 
そして世界の現地時間が分かる時計。まさにこれから旅に行くような演出で、気分を高揚させてくれる。

f:id:TommyBackpacker:20180930172037j:plain


このフロアは、オニツカタイガーやH&M、KEENなどの有名ブランドが入るフロアなのだ。


f:id:TommyBackpacker:20180930221725j:plain


僕もターミナル21のオニツカタイガーで、スニーカーを購入したひとりである。 

6階:ハリウッド  

 
6階は映画館とゲームコーナーがあり、ハリウッドを意識した演出が施されている。
  

 

 
旅行中に映画を見る人は少ないと思うが、少しでもハリウッドの雰囲気に浸るのは悪くはない。
 

5階:サンフランシスコ(PIER21

 
5階はサンフランシスコをイメージしたフロア。
 
アメリカのサンフランシスコ市と、オークランド市を結ぶ「サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ」の様子を車まで忠実に再現している。

 

 

 
そしてターミナル21のなかで、最も混雑しているフロアが、このサンフランシスコフロアである。
 
それはフードコートの「PIER21」があるためだ。
 
フードコートでは予め専用カードにチャージしてから、各料理屋で食事を注文するシステムになっている。
 
▷▷▷ターミナル21のフードコートの利用の仕方と料理を紹介
  

4階:サンフランシスコ(City Street)  

4階で目につくのが、日本でも馴染みのある飲食店だ。CoCo壱番屋、大戸屋、吉野家など、日本食が食べたくなったら、ターミナル21に行けば間違いない。
   

f:id:TommyBackpacker:20180930170226j:plain

そんな僕も、旅の途中で日本食が食べたくなると、ターミナル21に来る。

特に日本のカレーが食べたくなると来るのが、ターミナル21にあるCoCo壱番屋。

f:id:TommyBackpacker:20180930170410j:plain

 
カツカレーは170THBで、日本円にすると約590円になる。屋台やフードコートで食べるより値が張るが、口が求める日本食への欲求には勝てない。  
 

3階:イスタンブール (現在執筆中) 

 

スポンサーリンク
 

2階:ロンドン

地下鉄をモチーフに再現されたロンドンは、主に男性用の衣類を取り扱うショップが並んでいる。そして百貨店とは違い、案外安い。  

 

 
僕はタイで有名なOKAYのTシャツを2枚購入したが、価格は1枚100B(約360円)で、安かろう良かろうなお買物をいつもしている。
 
▷▷▷安くて良質なOKAYのTシャツの詳細記事はこちら
 

1階:東京 

 
東京フロアは、主に女性用衣類を扱っているフロアだ。

 


男性の私には用がないフロアだが、世界から見た日本を感じることができるフロアとなっており、そういう目線で見ると面白い東京フロアである。

 

f:id:TommyBackpacker:20180930171348j:plain
f:id:TommyBackpacker:20180930171353j:plain



トイレが面白い


ターミナル21で見逃せないのが、各フロアのトイレだ。

 


トイレの造りももちろん、各国や都市をイメージした演出になっており、楽しむことができる。    

 

今や日本のイメージはコスプレなのか?

はたまたアニメーションなのか?

 
Gフロア:ローマ

 

f:id:TommyBackpacker:20180930222148j:plain

ローマの神殿を想像させるオブジェが目につく、Gフロア。オブジェの周りには、いつもたくさんの人が腰を下ろして休憩をしている。


f:id:TommyBackpacker:20180930222632j:plain


ショップは、コスメからタグホイヤーなどのショップがあるなか、アメリカンイーグルが僕のお気に入り。

僕はカバン、サンダル、下着類など、ターミナル21に来ると、必ずアメリカンイーグルの品は購入する。

 

LGフロア:カリビアン

f:id:TommyBackpacker:20180930223057j:plain

LGフロアのカリビアンは、ターミナル21の最下階にあたるフロア。


f:id:TommyBackpacker:20180930223647j:plain


そのLGフロアには、グルメマーケットというスーパーマーケットと、いくつかの飲食店が並んでいる。

f:id:TommyBackpacker:20180930223909j:plain

僕はLGフロアで、バラマキ用のお土産を購入するのが、バンコク旅行の締めくくりとなっている。

 

▷▷▷僕のおすすめ!タイ旅行のバラマキ用お土産はコレだ!

 

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20180930224106j:plain

今回はバンコクの中心地にあって、駅から濡れずに行ける「ターミナル21」を簡単にまとめてみた。

最後に良い点を幾つか挙げたい。

 

良い点

  1. アクセスが便利
  2. ブランド以外は安い
  3. フードコートが旨くて安い
  4. 食事、衣服、土産物まで、すべてターミナル21で済む

 

 

今後もタイ旅行の際には、欠かせない存在、それがターミナル21なのだ!!

 

TERMINAL21(ターミナル21)
営業時間:10:00〜22:00
住所:2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110
アクセス:MRTスクンビット駅、BTSアソーク駅
 
*この記事は、2014.11.29(旅の9日目)から、2018年9月までの間、何度かのタイ旅行を元に記事にした。 
スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.