マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

20170413230813 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
クアラルンプール駅から電車で約30分で行ける「バツーケイブ」をご存知だろうか。バツーケイブはクアラルンプールの人気観光スポットのひとつで、洞窟を利用して建てられたヒンドゥー教寺院がある。それをヒンドゥー教の人々は「ヒンドゥー教の聖地」と呼ばれているらしい。まずは今いるチャイナタウンから散歩をしつつ、歩いてクアラルンプール駅へと向かった。

スポンサーリンク

 

チャイナタウンの朝市

20150222181942 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

チャイナタウンの小さな路地を歩くと、朝市が開かれていた。とても狭い通りだが、多くの露天が並び、活気がある。売っているものは衣服がメインで、携帯電話やそれに関するパーツを売っている店が多い。日本でいうフリーマーケットの印象だった。朝から人出が多いのは今日が土曜日だからだろうか。

20150222182012 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇赤と黄色の提灯が青空に映えるチャイナタウン

クアラルンプール駅

20150222182054 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

チャイナタウンから歩くこと15分、クアラルンプール駅に着いた。この駅はKLセントラル駅が2001年に開業するまで、クアラルンプールのメイン駅だったそうだ。その駅舎は1910年に建設された英国風建築様式で、クアラルンプール最古の駅。近代的なKLセントラル駅とは違い、歴史を感じさせるクアラルンプール駅は情緒溢れて味わいのある建物だった。

20150222182111 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇KTMコミューター クアラルンプール駅→バツーケイブ駅:RM2   日本円で約65円

20150222182121 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇車窓からの風景は緑が豊かです

20150222182135 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇とても綺麗な車両。アジアの雑多さなどそこには無い

20150222182226 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇バツーケイブ駅に着いた!

スポンサーリンク

 

バツーケイブに到着

20150222182235 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

バツーケイブ駅を降りると左手に大きくてカラフルな像が出迎えてくれた。たぶんカルラ像というやつだろう。カメラを向ける多くの観光客に混じって、熱心に祈りを捧げる人も見かける。

20170413225001 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

カルラ像をあとにすると、次に見えたのは、さらに大きく金色に輝く像だった。どうやらこれがムルガン像らしい。ネットやガイドブックでよく目にする光景だ。高さは約42メートル。圧巻だ。

20170413230813 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

ムルガン像の前で思う存分に写真を撮り、しばらく眺めて過ごしたあとは、バツーケイブ名物の長い階段を上ってみることにした。階段の数は272段あるらしいが、途中で数えるのが面倒になってしまった。

20170413225325 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

その階段にはたくさんの猿がいた。一見かわいい猿たちだったが、とっても凶暴で人々を襲ってくるではないか。とても憎たらしい。襲われて悲鳴をあげている女性を多く目撃した。

階段を上り終えると

20170413230950 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

階段をやっと上り終えると、洞窟への入り口が待っていた。ここがヒンドゥー教の聖地ということなんだろうか。

20150222183056 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

その洞窟のなかに入ると、ヒヤッとした空気に包まれた。ほてった体を冷ましてくれる洞窟内は南国マレーシアを一瞬忘れさせてくれたのと同時に、いかにも聖地という雰囲気である。

20150222183122 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

その洞窟内を照らす空からの光がとても神秘的に感じた。こういう光はとてもいい。ただ見ているだけで飽きない。そんな洞窟を形成する石炭岩は4億歳と言われているが、正直ピンとこないのが感想だ。

20150222183145 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」◇寺院で祈りを捧げる信者の方々

20150222183202 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」◇洞窟内はヒンドゥー神話に基づく展示がありました

20150222183222 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」◇さらに階段を上り奥へ進むと…

20170413231059 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

力強い岩肌に囲まれた空を見上げると、光が差し込んでいた。後に調べると、ここはパワースポットなんだとか。
今回の旅はこの先、アグレッシブな気持ちで旅が出来たが、これもバツーケイブのパワースポットのおかげだったんだろうか。涼しさとパワーと落ち着く空間は、長い時間いても飽きない場所だった。

感想

「バツーケイブはクアラルンプールからたった65円で行ける神秘的なパワースポットだった!」

20170413230546 - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」
◇帰りは怖い急な階段。少し怖いんです


◇クアラルンプール駅とバツーケイブ駅の位置関係

*この記事は2014.11.22の体験をもとに書いています

51DzE4STKXL. SL160  - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

5157o8tMB%2BL. SL160  - マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バツーケイブ」

ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア (ことりっぷ海外版)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

スポンサーリンク

 
カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
マレーシア

コメントを残す

*