バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



釜山名物デジクッパ|豚骨の香り漂う西面のデジクッパ通りに満足

f:id:TommyBackpacker:20180527230618j:plain


釜山で食べたい一品があった。それはデジクッパだ。

デジクッパとは、豚を意味するデジのクッパ。釜山を中心とする豚骨スープのご飯である。

先日、我が家で営むAirbnbに、韓国人のゲストが宿泊した。彼らにデジクッパの存在を聞いてみると、口にしたことがないと言う。釜山名物デジクッパの存在は、たとえ行ったことがなくても、旅好きな人なら知っている。疑問に思い、彼らの出身を聞いてみると、首都ソウルの在住と話す。

同じ韓国でもソウルでは口にする機会がない、デジクッパの味とは、一体どんなもんだろうか。釜山随一の繁華街、西面(そみょん)駅からほど近い、デジクッパ通りへ向かった。

 

スポンサーリンク
 

 

デジクッパ通り

f:id:TommyBackpacker:20180523224224j:plain

駅のある地下から通りに出ると、そこがデジクッパ通りだとすぐに分かった。なぜなら通りには豚骨の香りが充満していたからだ。そう、西面の街は豚骨で包まれていると言っても過言ではなかった。

浦項デジクッパ

f:id:TommyBackpacker:20180527213204j:plain

数あるデジクッパ店のなかから選んだのは、浦項(ポハン)デジクッパ。店は1941年創業の老舗店。韓国をはじめ、日本のテレビ番組でも取り上げられているとのこと。

f:id:TommyBackpacker:20180527213554j:plain

鍋の火を絶やさないため、24時間営業で煮込む豚骨スープ。西面の街を包む香りの正体はこれだったのだ。

店内とメニュー

f:id:TommyBackpacker:20180527213840j:plain

入店したのは平日の午後6時ころ。夕食時に早すぎたのか、席に余裕はあった。適当な席に腰を下ろすと、店員のおばちゃんが近寄ってくる。壁に掲げたメニューはあるが、当然そこはハングル文字。思い切って

「デジクッパ」

と、そのままおばちゃんに伝えると、

「デジクッパ?でぇ〜でぇ〜」

どうやら伝わったようだ。

味の決め手の小鉢

f:id:TommyBackpacker:20180527214515j:plain

目当てのデジクッパは、注文からすぐに出てきた。だが、デジクッパの前に、一緒に出てきた小鉢の紹介からしてみたい。

デジクッパはそのままでも絶妙な味だが、小鉢の食材で好みの味付けにするのが楽しい。辛味がいいなら、キムチ、そしてニラ。タデギと呼ばれる唐辛子を入れれば、辛さに加えてキレもアップする。

さらに塩分が欲しければ、味噌、セウジョッと呼ばれる小エビの塩辛を入れるといい。特にセウジョッは絶品このうえない。白米にぶっかけて食べても文句はないだろう。

スポンサーリンク
 

デジクッパ

f:id:TommyBackpacker:20180523224517j:plain

さて本題のデジクッパに話しを移す。

韓国特有のステンレス製のスプーンで器の底をすくうと、これでもかというくらいに顔を出す豚肉。その豚肉は薄くスライスされ、とても食べやすい。

スープはクセが全くない、豚骨スープ。通りの豚臭さが嘘のようである。

f:id:TommyBackpacker:20180527221130j:plain

そこに釜山名物のミルミョンという小麦麺を入れてみる。本当はご飯も食べ終えた最後に入れるのが、正式な食べ方かもしれないが、これがまた旨い。そのまんまの表現で恐縮だが、文字通り豚骨ラーメンとして味わえる。


f:id:TommyBackpacker:20180527221523j:plain

ニラや味噌、セウジョッ、ミルミョンなど全部乗せ。旨くて当然です

小鉢をつまみにビール

f:id:TommyBackpacker:20180527221809j:plain

疑う余地のないデジクッパ。噂通りの味に納得すると、おかわり自由の小鉢をつまみにビールを注文。

韓国語は全く理解できないが、壁に掲げられたテレビから流れる韓国のニュースを見ながら、冷たいビールを喉に流し込む。そしてキムチやにんにくで口の中を濃くすると、残った豚骨スープをすする。このローテーションができれば、もう釜山のおじさんと変わりはない。

そうでしょ?
でぇ〜、でぇ〜。

最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20180527223327j:plain

デジクッパ通りを歩くと、日本人グループの話しが聞こえた。

「どこに入っても一緒でしょ?」

その真意を確かめるため、近くの他店に入ってみた。すると、スープの味はさほど変わりはなかったが、ご飯が器に入って別に出てきた。これはデジクッパではなく、また別の言い方があると思ったが……。

一瞬、頭の中がハテナになるところも、海外旅行の楽しみでもある。ビールも前述の店がカスなら、ここはハイトエキストラコールド。デジクッパ通りで、デジクッパの食べ比べ。いいじゃないか。僕は次回の釜山旅でも、絶対デジクッパを口にするだろう。

 

浦項デジクッパ

営業時間:24時間
定休日:不明

料金:デジクッパ 7,000W、瓶ビール4,000W

 


◇浦項デジクッパの場所。1番の出口から出ると、向かいやすいです

 
▼釜山のホテルは西面Sホテルがおすすめです。詳細は下記のリンクからどうぞ

Booking.com|西面Sホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.