バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



釜山駅前で宿泊できる24時間営業のチムジルバン「バリーアクアランド」

f:id:TommyBackpacker:20181208115520j:plain


突然だが、韓国にはチムジルバンがある。

チムジルバンとは低温サウナのことで、日本でいうところの岩盤浴や健康ランドを想像すると早い。なかにはカプセルホテルのような宿泊施設を兼ねているところもある。

そんな利便性もあって、僕は韓国でまともなホテルに宿泊したことがない。行ってしまえば、なんとかなるからだ。

今回の釜山旅では、当然のごとく数日だけチムジルバンに宿泊した。

場所は釜山駅前で24時間営業の「バリーアクアランド」。僕が釜山で利用するチムジルバンである。


今回はその施設の紹介をしたい。

 

スポンサーリンク
 

 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20181208105205j:plain

場所は地下鉄1号線釜山駅5番出口から、緩やかな坂を歩いて徒歩30秒。この上ない立地の良さで、たとえ泥酔してもたどり着けること間違いなし。


◇バリーアクアランドの位置関係

料金

f:id:TommyBackpacker:20181208105429j:plain

料金は入浴のみだと6,000Wで、チムジルバンは以下の通り。

・6時〜21時 8,000W
・21時〜6時 9,000W

なお、入店後15時間経過すると、1時間あたり500Wの追加料金が発生する。

それにしても釜山はソウルより安い。これが釜山の魅力のひとつだったりもする。

入店の仕方は、先にカウンターでお金を支払い、鍵とチムジル服を受け取る。鍵には番号があり、その番号と同じ下駄箱に靴をしまう。

 

3階:男性ロッカーと風呂

f:id:TommyBackpacker:20181208110536j:plain

受付を済ますと、エレベーターで3階の男性ロッカー&風呂へ向かう。(女性は2階)

ロッカーは下駄箱と同じ番号を探す。そして風呂かチムジルバンへ向かう流れとなる。

風呂場の撮影はできなかったが、これがなかなか広い。浴槽は温度の違う三種類に、プール並の水風呂と、二種類のサウナが設置。

カランの数も、座るタイプと立ちシャワーで、十分にあった。そしてアカスリも浴場でできる。

なお、タオルは浴場の出入り口で使い放題だが、シャンプー類は設置されていない。持参してない場合は、事前に用意するか、風呂場の売店で購入できる。

4階:チムジルバン

f:id:TommyBackpacker:20181208111208j:plain

風呂場で汗を流すと、4階のチムジルバンへ向かう。そこはオンドルの効いた、いわゆる床暖房が心地よい空間。皆、思い思いに寝転んでいる。

そして各温度の違う、チムジルバンが5種類ある。しかし一番温度の低いチムジルバンは寒いくらいだった。

 

5階:ラウンジ

f:id:TommyBackpacker:20181208111735j:plain

5階はラウンジになっており、簡単な軽食やお菓子を購入することができる。

このフロアもオンドルが効いているはずだが、この日は客が少ないせいか、全然暖かくなかった。

なお、4階のチムジルエリアもそうだが、壁のコンセントを使用することができた。

 

スポンサーリンク
 

6階:スポーツジム

f:id:TommyBackpacker:20181208112034j:plain

6階にはスポーツジムがあり、各マシーンが並んでいた。

一見客が無料で利用できるのかわからないが、マシーンは古臭くなく、程度は良かったように見えた。

 

7階:睡眠室

f:id:TommyBackpacker:20181208112312j:plain

7階は男女別の睡眠室がある。

マットと毛布も豊富にあり、寝ることには困らないが、薄暗い部屋に女性が泊まるにはおすすめできない。

そして空いていたせいか、ちょっと肌寒かったのがマイナス点だ。ソウルと違って混雑してないのが良いところだが、寒いとなると考えものである。

 

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20181208112538j:plain

釜山でチムジルバンといえば、海雲台などのSPAが有名だと思うが、実は街のチムジルバンが各駅前にある。今回宿泊した「バリーアクアランド」は、釜山駅の目の前にあるが、日本人を見たことがない。皆、高級SPAに行ってしまうのだろうか。いや、もっとも宿泊する日本人なんて僕ぐらいのような気が……。

その代り、釜山港やロシア人街が近いこともあり、韓国人以外のそれらしき人種もちらほらと見かけた。港町は異国情緒があるのは世界共通か。

釜山駅前は食事に困ることはないので、韓国をどっぷり味わいたいなら、バリーアクアランドに一夜だけでも泊まることを、細やかにおすすめして、この頁を〆たい。

バリーアクアランド

住所:釜山広域市 東区 草梁洞 542
営業時間:24時間営業
定休日:不明
料金:6時〜21時 8,000W、21時〜6時 9,000W、入浴のみは6,000W。入店後15時間経過すると、1時間あたり500Wの追加料金発生。
その他:日本語は不可だが、受付の人はいい感じの対応

  

▷▷▷釜山駅前で一人サムギョプサルならココ!

▷▷▷釜山駅前でテジクッパの老舗店ならココがおすすめ!

▷▷▷釜山駅前のアワビ粥の有名店ならココ!

 

まっぷる プサン 慶州 (まっぷるマガジン)

まっぷる プサン 慶州 (まっぷるマガジン)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.