バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



韓国男のひとり旅|テジで始まりテジで終わる釜山編

f:id:TommyBackpacker:20180523224224j:plain


韓国の釜山にいる。釜山は今回初めて訪れた都市だ。渡航前、現地の気温を調べてみると、昼間の気温は25℃にも達することが分かった。
 
これはいい。
成田空港のベンチに座ると、まだ見ぬ釜山を想像してみた。
 
釜山の繁華街、西面(そみょん)あたりのオープンテラスのカフェに腰を下ろすと、釜山港から吹く暖かい風が新緑の中を通り抜ける。文字通り風薫る五月。初夏の便りを異国で感じている……。
 
なんて思っていたら、とんでもなかった。着いた初日からしっとりとした雨が街を濡らし、風は冷たく肌寒い。思わず持参したウインドブレーカーを羽織って街を歩いた。
 

f:id:TommyBackpacker:20180523224343j:plain


日本にとって釜山は、最も近い外国都市と言ってもいいかもしれない。博多から空路なら一時間。フェリーなら三時間。どちらも運賃は高くない。
 
そして釜山は、首都ソウルに次ぐ第二の都市。首都と比べて第二の都市は、どこかゆるりとした空気が流れている。そんな感覚を釜山にも当てはめると、強ち間違っていないような気がする。
 
釜山の玄関口、KTX(高速鉄道)が停車する釜山駅周辺や、西面の街を歩くと、人の数は少なく、地下鉄も空いてる。ソウルと比べ、皆せかせかしていない。それでいて飲食店や娯楽の数は豊富で旅がし易い。

 

スポンサーリンク
 

 

釜山名物テジクッパ 

f:id:TommyBackpacker:20180523224517j:plain


そんな旅の初日は、テジクッパから始めた。テジクッパとは豚肉(テジ)が入ったスープご飯。釜山の名物料理だ。
 
先日、我が家で営むAirbnbに、韓国人ゲストが宿泊した。彼らにテジクッパの存在を訪ねると、知ってはいるが口にしたことは無いと言われた。彼らは首都ソウルの在住だった。
 
そんな釜山名物テジクッパの味に頷き、短い旅の期間に二度も足を運んでしまった。その味の決め手は……。
 
 

釜山のマチュピチュ 

f:id:TommyBackpacker:20180523224714j:plain


はじめて目にした釜山の街は、海と山に囲まれた土地だった。そして単なる起伏のある街ではなく、歴史の転換点があった、ドラマチックな街だということが分かった。

釜山は1876年、日本によって開港され、朝鮮半島の玄関口として繁栄した。のち1945年の日本の終戦時には、半島を出る日本人と半島に残る朝鮮人が往来する。そして1950年に朝鮮戦争が起きると、半島全土から避難民が殺到した。それが釜山なのだ。

そんな釜山の歴史を頭に入れつつ向かった先は、「釜山のマチュピチュ」と呼ばれる天川洞文化村だった。

マチュピチュとは15世紀のインカ帝国の遺跡。標高2,000メートル以上に位置する絶景のマチュピチュ遺跡は、世界の旅人から支持を得る聖地。行ったことのない僕でも知っている場所だった。

それが釜山にある?

f:id:TommyBackpacker:20180523232015j:plain

僕は元来、海と山に囲まれた街が好きだった。南は長崎、北は小樽、関東なら横須賀がお気に入りの地だ。そこに路地裏好きの琴線に触れ、古い街並みの景観が加わる。それは釜山のマチュピチュも同じだった。

しかしマチュピチュというよりは……。一瞬、首を傾げてしまう。行ったことのない身に、比較する資格はない。承知はしている。それでも、あんな街、こんな街……。昔に旅した街の情景が脳裏を過って懐かしさを覚えた。

そんな釜山のマチュピチュを丁寧に歩いてみた。

>>>釜山のマチュピチュ!行ってみたら……? 詳細記事は後日掲載
 

デジカルビ 

f:id:TommyBackpacker:20180523233024j:plain


釜山で食事をするとき、「テジ」と付き合って旅をすれば、満足のいく旅ができる。今回の釜山旅で分かったことだった。
 
前述のテジクッパが豚のスープご飯なら、今回はテジカルビ。豚のカルビ肉だった。
 
韓国で焼肉といえば、サムギョプサルを想像する人は多い。しかしテジカルビを想像する人は聞いたことがない。今回の釜山旅で、どうしても食べたい一品だった。
 
想像をしてみる。熱い鉄板の上で、ジュウジュウと音を立てて焼く豚のカルビ。冷たいビールと韓国焼酎のソジュで乾杯。いいじゃないか……。
 
と思いきや、テーブルの上に運ばれたテジカルビは、まさかの姿で現れた。
 

>>>行列必死!テジカルビの人気店。その正体とは?

スポンサーリンク
 



エアプサンとプライオリティパス

f:id:TommyBackpacker:20180523233422j:plain

エアプサン(Air Busan)ーー。

乗ったことはないが、耳にしたことがあるLCCだった。

2008年、釜山ーソウル線に初就航したエアプサンは、アシアナ航空が親会社のLCC。日本には2010年、大阪と福岡に初就航している。

そんなエアプサンに、今回初搭乗となった。チケットの購入、チェックイン、機内の様子、機内食など、成田ー釜山の往復の模様を徹底リポートしたい。

>>>韓国LCCのエアプサンを徹底リポート!詳細は後日掲載

f:id:TommyBackpacker:20180523235804j:plain

そしてプライオリティパスで入れる、釜山の金海国際空港「SKY HUB LOUNGE」も初体験。ラウンジの様子と食事を紹介したい。

>>>プライオリティパスで入れる金海国際空港「SKY HUB LOUNGE」の詳細は後日掲載
 

最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20180524000749j:plain

僕の旅は観光を除けば、旨い食事をして酒を飲むことしかしていないような気がする。そこに韓国サウナのチムヂルバンが加われば、韓国の旅のような気がする。

その韓国の旅は、都会の冷たさを感じる首都ソウルより、ゆるりとした空気が流れる釜山が断然に肌に合うことが分かった。

一人旅はなんでも南側がいい。

ルアンパバーンよりバンビエン。ハノイよりホーチミン。台北より台中。バンコクよりチェンマイ。あれ?チェンマイは北だぞ。酔いがまわってきたようだ。次の旅はパタヤでも行ってみるか。

一本300円のソジュが効いてきたようだが、床のオンドルは効いていない。肌寒い五月の釜山ひとり旅。初日は酔ってサウナの床で雑魚寝した。

 

港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

 

 

スポンサーリンク