バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



釜山の人気店トネヌ|サムギョプサルと味付けカルビでひとり飯

f:id:TommyBackpacker:20181201125433j:plain


韓国といえば豚の三枚肉のサムギョプサル、そして味付けカルビのテジカルビを想像する人も少なくない。僕もそのうちの一人で、韓国を旅したら必ず口にしたい料理だ。しかし目の前には、お一人様の高い壁が存在するのが韓国の飲食店事情だが、近年はその傾向が少し薄まったような気がする。

特に看板などは掲げていないが、一人でも入店可能な焼肉店が増えたような気がする。それが昼時や夕飯時でも大丈夫かというと、そこは店それぞれという世界になるが……。

今回訪れた釜山の人気店「トネヌ 釜山草梁(チョリャン)店」は、お一人様でもOKの焼肉店。トネヌは韓国の人気チェーン店だから、もしかしたら全店お一人様でも大丈夫かと思うが、とにかく釜山草梁店は店員の感じが良くて好感がもてた。

 

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20181129180355j:plain

場所は地下鉄1号線釜山駅7番出口から徒歩4分、草梁駅からも同等の所要時間と、立地は良い。なお、近くには釜山の新鮮な食材が並ぶ商店街や、草梁テジカルビ通りがある。
 


◇釜山駅とトネヌ釜山草梁店の位置関係

 

店内

f:id:TommyBackpacker:20181129181325j:plain

店内は座席とテーブル席が半々ずつ。

訪れたのは週末の15時ころ。昼営業はなく、14時オープンということもあり、客は自分ひとりだけ。変な気を使うことなく入れた。

なお、夜は満席で賑わっていたのを確認しているので、人気店の噂は間違いないだろう。

メニュー

f:id:TommyBackpacker:20181129215414j:plain

適当な席につくと、日本語表記もあるメニューをくれた。

そのメニューを開くと、トネヌおすすめの藁焼きサムギョプサルが見えた。日本語でわらトンと読むらしい。そのわらトンはオランダ産(7,000W)と韓国産(9,000W)があったが、おすすめマークのあるオランダ産を選んだ。

そして同じくオランダ産の味付けカルビ(6,000W)、いわゆるテジカルビも注文した。ボリュームはわらトンが150g、味付けカルビが200g。僕のお腹でギリギリ食べられる範囲である。

小鉢

f:id:TommyBackpacker:20181129220050j:plain

小鉢はナムル、白菜キムチ、ネギとレタスのサラダ、にんにくと辛味噌、そしてワカメスープもついてきた。これは嬉しいかぎり。

f:id:TommyBackpacker:20181129220357j:plain

これらの品は取り放題の食べ放題。特に小鉢で出てこなかった、大根の酢漬けが超美味しく、豚肉との相性も良い。

藁焼きサムギョプサルのわらトン

f:id:TommyBackpacker:20181129220629j:plain

まずは藁焼きサムギョプサルのわらトンから焼き始める。

焼き始めは店員が丁寧にやってくれ、豚肉だけではなく、にんにく、白菜キムチ、ナムルなども一緒に焼く。

f:id:TommyBackpacker:20181129221036j:plain

途中からは自らトングを持ち、焼きに専念。


f:id:TommyBackpacker:20181129221217j:plain

焼き上がった豚肉はタレにつけ、サンチュに巻いて一気に口へ運ぶ。食感は柔らかく、文句はない。幸福感に包まれる瞬間だ。

f:id:TommyBackpacker:20181129221555j:plain
◇タレが結構美味しんです

 

スポンサーリンク
 

味付けカルビ

f:id:TommyBackpacker:20181129221719j:plain


味付けカルビも同じような手順だが、サムギョプサルを食べ終えると、網を替えてくれた。こういうところは好感がもてる。

さて味付けカルビの味の方はというと、しっかり味が染み込んでいて、食感も柔らかく、納得のいく味だった。

近くにあるテジカルビ通りの人気店「銀河カルビ」のテジカルビは絶品だったが、人気店ゆえ一人じゃ入りにくい雰囲気だった。釜山駅周辺で一人なら、ココのテジカルビをこれからは食べようと思った。

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20181129222451j:plain

今回はじめて訪れた評判の良い「トネヌ」だったが、その味に満足して店をあとにすることができた。そして味もそうだが、店員のソフトな接客に好感がもてた。

夜の混雑時を避け、昼から韓国の焼肉とビールを堪能する。そしてチムジルバンで汗を流す。これが僕なりの韓国での休日の過ごし方なのである。

 

トネヌ 釜山草梁店

住所:26 Jungang-daero 221beon-gil, Choryang 2(i)-dong, Dong-gu, Busan
営業時間:14時〜2時
定休日:不明
アクセス:地下鉄1号線釜山駅、または草梁駅から徒歩4〜5分
今回の支払い:わらトンオランダ産 7,000W、味付けカルビ 6,000W、ビール 4,000W

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています 

Hotels.com

【Booking.com】

agoda

 

▷▷▷お得な航空券は以下のサイトで探しています

スカイスキャナーで航空券比較検索

 

▷▷▷旅の情報は以下のサイトを利用しています

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

▷▷▷空港ラウンジの利用は以下のカードが便利です

楽天プレミアムカード

 

るるぶプサン・慶州ちいサイズ (るるぶ情報版海外)

るるぶプサン・慶州ちいサイズ (るるぶ情報版海外)

 
港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

港町、ほろ酔い散歩、釜山の人情食堂 (双葉文庫)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.