バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



ドンムアン空港国際線|プライオリティパスで利用できる新ミラクルラウンジが仮眠もできて最高!

f:id:TommyBackpacker:20190131111227j:plain


皆さんごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

僕は先日タイ・バンコクにあるドンムアン空港国際線ターミナル(ターミナル1)を利用しましたが、その際にお世話になったのが、プライオリティパスで利用できるラウンジでした。

そのラウンジですが、今までは手荷物検査場のすぐ目の前のコールラウンジと、そこから5〜60m進んだ右手にあるミラクルラウンジの2ヶ所だけでした。

しかしそのミラクルラウンジの目の前に、もうひとつミラクルラウンジがオープンしていました。どうやら2018年にオープンしたみたいですが、全然知りませんでした。

以前からあるミラクルラウンジは、照明も薄暗く、待合室を無理やりラウンジに改装した雰囲気があり、あまり印象はよくありませんでした。

しかし、今回の新ミラクルラウンジは、高級感もあって、仮眠もでき、結論から言うと最高でした!

関連記事ドンムアン空港国際線|プライオリティパスで利用できる二つのラウンジ体験記

スポンサーリンク
 

 

場所

f:id:TommyBackpacker:20190131094317j:plain

場所は以前からあるミラクルラウンジのすぐ向かいにあります。その裏手にはキングパワーで購入した免税品を受け取るカウンターがあるので分かりやすいです。

f:id:TommyBackpacker:20190131094621j:plain

営業時間は他のラウンジと同様に24時間営業。

受付でプライオリティパスと航空券を見せ、サインをして、Wi-Fiのパスを貰うと、上階への階段を上ってラウンジへ向かいます。

なお、今回はエアアジアのWEB搭乗券をスマホで見せましたが、何の問題もありませんでした。

ラウンジ内の様子

f:id:TommyBackpacker:20190131094931j:plain

ラウンジ内は照明がとても良い感じで、内装も抜群。以前からあるミラクルラウンジとは大違い。本気度が伺えます。

座席はカウンター席、テーブル席があって、目的によって使い分けができます。

仮眠ができる

f:id:TommyBackpacker:20190131095933j:plain

そして新ミラクルラウンジで気に入ったのが、仮眠のできるリクライニングチェアーです。座り心地も抜群、足も伸ばせるので、ゆっくり寛ぐことができます。僕は食事をしたあと、旅の疲れもあってか、ぐっすり眠ってしまいました。逆にゆっくりしすぎて、飛行機の乗り遅れに注意したいところです。

料理

f:id:TommyBackpacker:20190131100336j:plain

さあ、ラウンジの楽しみは温かい料理です。

その料理も米類、麺類、野菜をはじめ、温かいおかずとスープは合わせて5〜6種類ありました。

パン

f:id:TommyBackpacker:20190131100819j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190131100817j:plain


そしてパンもあります。普通のトーストをはじめ、全部で6種類ありました。好きなパンを選べるのは嬉しいですね。

フルーツ

f:id:TommyBackpacker:20190131101025j:plain

食後のデザートに嬉しいフルーツは3種類。スイカ、パイナップル、メロンでした。

スイーツ

f:id:TommyBackpacker:20190131101209j:plain

スイーツは全部で8種類。甘い物好きにはたまらんですな。以前からあるミラクルラウンジとは大違いです。これらのスイーツ類を見ただけで、新ミラクルラウンジの本気度が改めて頷けます。

スポンサーリンク
 

ドリンク類

f:id:TommyBackpacker:20190131101512j:plain

次にドリンク類ですが、まずはアルコール類から紹介します。

アルコール類は、ジン、ウォッカなどスピリッツからウイスキーなどありますが、ちょっと高いブランデーなどはありませんでした。正直目を奪われるアルコールが無かったのは残念でした。

f:id:TommyBackpacker:20190131101827j:plain

ビールはタイを代表するシンハー、LEO、チャーンと3つあるのが嬉しいところ。自分好みのビールで、旅の最後を彩りたいです。

f:id:TommyBackpacker:20190131102105j:plain

ビールが苦手な方は、冷えたワインを選びたいところ。ラウンジでワインなんて、おしゃれですねえ。

f:id:TommyBackpacker:20190131102314j:plain

そんなアルコールのお供に、ナッツやチップス系のおつまみもありました。

f:id:TommyBackpacker:20190131102508j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190131102512j:plain


アルコールの苦手な方は、フレッシュジュースがおすすめです。冷えたトマトジュースやミルクも美味しかったです。

f:id:TommyBackpacker:20190131102647j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190131102641j:plain


また、コーヒーマシンも設置されていたところが、コーヒー好きには嬉しかったです。

新ミラクルラウンジのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190131102926j:plain

今回利用した新ミラクルラウンジは、天井が高く、内装も綺麗で、照明も良く、言うことなし!って感じでした。

そして気に入ったところは、ゆっくり寛げるリクライニングチェアです。以前からあるミラクルラウンジとコールラウンジにはありませんでしたからね。

ドンムアン空港国際線(ターミナル1)のラウンジで順位をつけるなら、

  1. 新ミラクルラウンジ
  2. コールラウンジ
  3. ミラクルラウンジ

になると思います。これでシャワーがついていれば文句なしなんですけど、贅沢は言いません。

まだ認知度が低いせいか、利用客がほとんどいなくて快適でしたよ。

もしドンムアン空港を利用する際は、ぜひ新ミラクルラウンジを利用してみてください。プライオリティパスを持っていない方は、楽天プレミアムカードをつくることで、無料でプライオリティパスを持つことができます。旅好きには必須のカードですね!

関連記事ドンムアン空港国際線|プライオリティパスで利用できる二つのラウンジ体験記

プライオリティパス会員とは?

f:id:TommyBackpacker:20190131094621j:plain


プライオリティパスの会員になるには、当然年会費と利用権が必要になってきます。その種類は次の通り。

スタンダード
年会費:99USD 会員利用権:27USD 同伴利用料金:27USD

スタンダードプラス
年会費:249USD 会員利用権:10回まで無料。その後27USD

プレステージ
年会費:399USD 会員利用権:利用回数に関係なく無料

 

上記の年会費を見ると、1年に1回利用するだけでも126USD必要になり、1年に数回海外旅行をする身にとっては高額なラウンジ利用となってしまいます。

お得な楽天プレミアムカード

そこで僕が今回ラウンジを利用するのに使用したのが、プライオリティパスに無料で登録できる楽天プレミアムカードでした。楽天プレミアムカードの年会費は10,800円。プライオリティパスの年会費399USDを支払い、利用回数に関係なく無料になる会員利用権を、楽天プレミアムカードを持つことによって、年10,800円で同等のサービスを受けることができます。これは年に何度も海外へ足を運ぶバックパッカースタイルの旅をする身にとって、有り難いカードなんです。 

・楽天プレミアムカードならプライオリティパスに無料で登録

海外旅行に必要な保険が自動付帯

楽天プレミアムカードはゴールドカードなので、付帯保険も充実しています。死亡保険、後遺障害保険金は最高5,000万円。傷害治療保険金は最高300万円、携行品損害保険金は年間最高50万円、救助者費用保険金は最高200万円と、 日本出国の前日から入国の翌日までの最長90日間自動的に保証される自動付帯保険があるのが、楽天プレミアムカードです。 

楽天の旅行損害保険の詳細

また、通常の楽天カードは利用付帯のうえ、一度実費で支払ったあと治療費を受け取る保険ですが、楽天プレミアムカードなら保険会社がすぐに治療費を立て替えるキャッシュレスサービスなので、保険のことを考えても楽天プレミアムカードがお得なカードということが分かります。まだプライオリティパスを持っていない方は、この機会に楽天プレミアムカードをつくってみてはいかがでしょうか? 

・楽天プレミアムカードならプライオリティパスに無料で登録

楽天プレミアムカードの詳細は下記からどうぞ

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ

【Booking.com】

agoda


*ドンムアン空港に関する記事もご参照ください  

▷▷▷ドンムアン空港とBTSモーチット駅を結ぶA1バスの乗車方法

▷▷▷ドンムアン空港から格安でパタヤへ行く方法

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.