バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)香港国際空港店でタンタン麺と小籠包!お得なモーニングに驚いた!!

f:id:TommyBackpacker:20180809093341j:plain


香港で食べたい一品があった。それは翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)のタンタン麺と小籠包だった。

翡翠拉麺小籠包とは、シンガポール発祥の人気中華チェーンレストラン。香港島と九龍サイド合わせて10店舗以上存在している。その中で滞在したホテルから近い尖沙咀(チムシャーツイ)店へ行こうと思っていたが時間があわず、帰国の日の朝に、空港店へと足を運んだ。

>>>香港の翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)のWEBサイトはこちら

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20180807221321j:plain

場所は香港国際空港第1ターミナルの到着フロア。他国から到着後の出口の目の前にオープンスペースの見てそれと分かるから分かりやすいが、この日は出国の日。しかも僕が利用する香港エクスプレスは第2ターミナル。尖沙咀から乗ったバスを、わざわざ第1ターミナルで降りた。それはすべて翡翠拉麺小籠包が目的だったからである。

モーニングメニュー

f:id:TommyBackpacker:20180807222130j:plain
f:id:TommyBackpacker:20180807222210j:plain


メニューを見ると、6時30分からのモーニングメニューになっている。おそらく早朝から開店しているのは空港店だけだから、モーニングメニューも空港限定ではないだろうかと思う。

タンタン麺

f:id:TommyBackpacker:20180807222627j:plain

そのモーニングメニューのなかから、まずはHK$62のタンタン麺から箸をつける。

f:id:TommyBackpacker:20180809084417j:plain

麺はなんと太麺。タンタン麺は細麺をよく目にするが、翡翠拉麺小籠包のタンタン麺は太くて柔らかい食感だ。

f:id:TommyBackpacker:20180809084622j:plain

スープは見た目の色ほど辛くはない。そしてよく口にするタンタン麺とは違って、胡麻の風味はなく、ほんのり酸味が効いたスープだ。不思議とサッパリとした口当たりさえ覚える。日本で食べる濃厚なタンタン麺を想像して口にすると、物足りなささえ覚える。

小籠包

f:id:TommyBackpacker:20180809085055j:plain

続いては小籠包。メニューには上海小籠包とある。四つ入ってHK$40だから、一つHK$10。分かりやすい。

f:id:TommyBackpacker:20180809085233j:plain

その小籠包の味は文句がない。これを口にできただけで、翡翠拉麺小籠包に来てよかったと思える一品である。皮を箸で破ると、ボリュームのある肉汁がピシャッーと飛び出し、着ていたTシャツに飛び散ったのは旅の思い出だ。

豆乳

f:id:TommyBackpacker:20180809090058j:plain

ドリンクは香港の朝らしく、一杯HK$20の豆乳を選んだ。優しい甘みのある豆乳は、香港特有の味。旅の締めくくりに、ホッと一息いれることができた。

スポンサーリンク
 

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20180807222713j:plain

今回初めて訪れた翡翠拉麺小籠包。そこで食べた品をもう一度おさらいする。

・タンタン麺 HK$62
・小籠包 HK$40
・豆乳 HK$20

三品の合計金額は、HK$122(約1,700円)になった。

食事を終え、卓上に置かれた伝票を持ってレジで会計する。すると合計はHK$96.80(約1,300円)になっているではないか。

どうやらモーニングラーメンコース(HK$88+サービス料HK$8.80)というものに勝手になっていたのだ。思わぬお得なモーニング価格に、尖沙咀じゃなく、空港で食べてよかったと思えた。

 

翡翠拉麺小籠包

場所:香港国際空港T1 到着フロア
営業時間:6時30分〜0時
定休日:不明

 

▼▼▼香港のホテルをBooking.comで詳細を見る

Booking.com|アップル ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

▼▼▼香港のホテルをAgoda.comで詳細を見る

Agoda.com|アップル ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

>>>香港のお得な両替方法の記事はこちら

 

>>>空港から重慶大厦までの移動方法はこちら

 

>>>重慶大厦の怪しい記事はこちら

 

ソロタビ 香港

ソロタビ 香港

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.