バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



【2018年】香港エクスプレスのメガセールで購入した東京ー香港の往復搭乗レビュー

f:id:TommyBackpacker:20180903000108j:plain


2018年6月の香港旅行ーー。

航空会社は、2016年に利用して以来の、香港エクスプレスを利用しました。香港エクスプレスは、2004年にフルサービスの航空会社として設立し、2013年に格安航空会社に転換したんですね。

そんな香港エクスプレスの航空券は、3月に開催されたメガセールで購入しました。その運賃は往復1万4千円代。しかも諸税込みです。

今回は往路が羽田から、復路は成田着の往復チケットを購入しました。理由は羽田からの深夜便に乗って、現地滞在を少しでも長くしようと思ったからです。

それでは、2018年版香港エクスプレス搭乗レビューです!

 

スポンサーリンク
 

 

 

羽田空港のチェックイン

f:id:TommyBackpacker:20180902222032j:plain

羽田発の便は深夜1時発。京急線に乗って、23時ころには羽田空港に到着しました。チェックインはすでに始まっていますが、人はまばらです。

f:id:TommyBackpacker:20180902222236j:plain

季節は6月。4階の江戸小路に咲く、あじさいがとても綺麗でした。久しぶりに江戸小路に来ましたが、いつもこの空間は綺麗にディスプレイされていて、気持ちがいいです。

f:id:TommyBackpacker:20180902222457j:plain

フライトは深夜1時。久しぶりの深夜便です

 

往路:UO623便

f:id:TommyBackpacker:20180902222653j:plain

香港へのフライトはエアバス320のUO623便。この深夜便はUO623便なんですね。ということは、過去にも乗っているかもしれません。

f:id:TommyBackpacker:20180902222933j:plain

搭乗ゲートは141番。例によって一番奥の端のゲートです。これをLCCの宿命と呼びます。

f:id:TommyBackpacker:20180902223115j:plain

定刻通りに搭乗が始まりました。何だか心なしか、乗客が少ないように見えます。

 

機内の様子

f:id:TommyBackpacker:20180902223248j:plain

搭乗が終わり周りを見渡すと、ほぼ満席の状態。結構な数の乗客がいたんですね。利用する側からすると、人が少ない方がゆったりできていいんですが、少なければ少ないで、路線廃止が脳裏をよぎり、悩ましいところです。

f:id:TommyBackpacker:20180902223610j:plain

シートピッチはこぶし一個分もありません。指が入る程度で、狭いんです。まあ、慣れた人なら、これが香港エクスプレスだ!!! って感じですが、慣れない人はどうなんでしょうか。

フライト時間は4時間半。我慢できるかできないか。僕は香港エクスプレスを何度か利用しているので、問題ないです。安く利用できてありがとうという気持ちです。

ちなみに機内食は出ません。食べたい人は機内で購入しますが、今回は深夜便ということもあり、食べている人は皆無でした。

 

香港に到着

f:id:TommyBackpacker:20180902224015j:plain

定刻通りに香港国際空港に到着しました。ターミナルは第一です。今回は羽田で睡眠導入剤を飲んだおかげで、機内で眠ることができました。いや〜、よかったよかった。

f:id:TommyBackpacker:20180902224413j:plain

空港からの移動はA21のバスで尖沙咀へ。僕の定番です

>>>空港と尖沙咀を結ぶA21バスの詳細はこちら

スポンサーリンク
 

香港空港のチェックイン

f:id:TommyBackpacker:20180902224919j:plain

帰りは13時05分発のUO646便。ターミナルは第二になります。今回は第一の到着フロアにあるクリスタルジェイドで食事をした関係で、第一から第二へ徒歩で向かいました。

>>>香港空港のクリスタルジェイドの詳細記事はこちら


そしてチェックインの際に、並んでいたときでした。僕の後に並んでいた日本人の4人家族が、僕の前にずるずると割りこんできました。まったく図々しいものです。

復路:UO646便

f:id:TommyBackpacker:20180902225301j:plain

さて、復路は往路同様でエアバス320、そして13時05分発のUO646便です。香港エクスプレスといえば搭乗時の機体に、中華料理の名前が記載されていたと思うんですが、往復ともに名前はありませんでした。

香港エクスプレスを利用するときの、ちょっとした楽しみだったので残念です。廃止になったのでしょうか?

f:id:TommyBackpacker:20180902232430j:plain

記憶が正しければ、春巻とか書いてあったはずです


f:id:TommyBackpacker:20180902232617j:plain

搭乗ゲートは203番。第二から第一へターミナルを電車移動し、端の端へ……。いや〜、歩いた歩いた。

と、ここで致命的なミス。

このターミナル、プライオリティパスで利用できるラウンジがないじゃないか。搭乗まではだいぶ時間がある。どうすりゃいいんんだ。

仕方なくラーメン屋のまずいコーヒーをHK$33で購入。暑い日差しのなか、外の喫煙所で野暮ったく過ごしました。

 

機内の様子

f:id:TommyBackpacker:20180902233621j:plain

機内はほぼ満席。往路のときより、日本人が目立ちました。また、シートピッチなどは、当然往路と変わりません。昼時のフライトでしたが、機内食を購入する人は、近くで見かけませんでした。

そして成田空港には、定刻通り18時30分には到着。荷物預けもないので、そそくさと外へ出て家へ帰りました。

 

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20180902233854j:plain

久しぶりに香港エクスプレスを利用しましたが、フライトそのものに変化はなかったです。ただ、ウェブチェックインが相変わらずお粗末で、東京も香港も結局カウンターでチェックインして発券しないと駄目なんですよね。

香港エクスプレスの不満はそれくらいです。

4時間半のフライトとセール運賃を考えれば、シートピッチはギリギリ納得できる範囲です。あとは香港の宿が安ければ言うことないんですけど。あぁ、重慶大厦から卒業できる日は来るのか?

香港はまた来年の春以降に行きたいと思います。

 

航空会社:香港エクスプレス
購入時期:2018年3月 (メガセール)
搭乗時期:2018年6月
路線:東京/羽田→香港 (往路) 香港→東京/成田 (復路)
購入金額:14,490円 諸税込み

  

>>>今回の香港男のひとり旅の詳細記事はこちら

 

 

07 地球の歩き方 aruco 香港 2018~2019 (地球の歩き方aruco)

07 地球の歩き方 aruco 香港 2018~2019 (地球の歩き方aruco)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
ソロタビ 香港

ソロタビ 香港

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.