バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



パタヤの美味しいカオマンガイ屋台でカオマンガイトーのミックスに満足!

f:id:TommyBackpacker:20190131203718j:plain


タイの名物料理「カオマンガイ」


いわゆるチキンライスのことだが、タイの街を歩けば、屋台、食堂、レストラン問わず、どこでも目にする庶民的なタイ料理のひとつである。

そんなカオマンガイを求めてパタヤの街を歩くと、サウスパタヤロード沿いに美味しいカオマンガイ屋台を見つけてしまった。しかも今回は揚げ鶏のカオマンガイトーも合わせて口にできた。

味の割には値段はリーズナブル。その上ボリュームがあって、たらふく食べたい人にはおすすめできる。

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190131164836j:plain

場所はサウスパタヤロード沿い。セカンドロードとの交差点から東へ徒歩7分くらい歩くと、ソイブッカオとの交差点の角にある。通りの向かいには、フレンドシップスーパーマーケットがあるので分かりやすい。

ただし営業時間は18時から0時まで。夕飯や夜食向けの屋台である。


◇カオマンガイ屋台の位置関係

店頭の鶏肉

f:id:TommyBackpacker:20190131165355j:plain

店頭のショーケースには、茹で鶏に加えて揚げた鶏肉も見えた。いつもなら茹で鶏のカオマンガイ一択だが、今回は揚げ鶏のカオマンガイトーも食べてみたい。

メニュー

f:id:TommyBackpacker:20190131165726j:plain

テーブルの上にメニュー表はないが、通りのシャッターに大きなメニューが掲げてあった。これは見やすい!と思いきや、言語はタイ語表記のみ。多分右上がミックスで、その下が普通のカオマンガイのような気もするけど……参ったなあ……と思っていたが、

「カオマンガイ アーンド、ガイトーミックス」

とそれとなく注文したら、笑顔の店員を見て安心し、そのとおりの料理が出てきた。

カマンガイとカオマンガイトー

f:id:TommyBackpacker:20190131193318j:plain

生姜が効いたてんこ盛りのライスの上には、カオマンガイとカオマンガイトーの2種類。器の端にはカットきゅうり。各鶏肉の上にパクチーがパラパラと盛られている。

そしてタレも2種類。カオマンガイ用のピリッとしたタレと、カオマンガイトー用の甘みのあるタレだ。

f:id:TommyBackpacker:20190131193633j:plain

カオマンガイはプリッとした肉厚な食感と、ジューシーさがたまらない。

f:id:TommyBackpacker:20190131193757j:plain

一方カオマンガイトーは、衣のサクッとした食感と、甘みのあるタレが食欲をそそる。

スポンサーリンク
 

スープ

f:id:TommyBackpacker:20190131193919j:plain

箸休めには、優しい味わいのスープがしっくりくる。なお、スープはカオマンガイと一緒についてくる。これがタイスタイルだ。

薬味

f:id:TommyBackpacker:20190131194119j:plain

テーブルに置かれた薬味は、にんにくと唐辛子。もっと辛味がほしいときに使うのだろうか。そのままで十分美味しくいただいた。

無料の水

f:id:TommyBackpacker:20190131194305j:plain

タイに来ると食事と別に水などのドリンクを注文するが、ここの屋台はセルフサービスで水を無料にしていたのが特徴。

タイで無料の水……?

用心深い人は飲まない方が賢明か。

カオマンガイ屋台のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190131194656j:plain

味に納得、量は多すぎるくらい。あとは値段だけだが、多分相場は50THBくらい。メニュー表からもわかる。店員にお会計の合図を送ると笑顔でこう言った。

「fifty」

50バーツ、日本円で約170円。僕の胃袋は小さい。このボリュームなら昼飯抜きでも十分である。

タイのパタヤでたまたま見つけたカオマンガイ屋台。カオマンガイトーも一緒に食べられて満足である。

 

カオマンガイ屋台
住所:S Pattaya Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
営業時間:18時から0時
定休日:火曜日
今回の料金:カオマンガイとカオマンガイトーのミックス 50THB
その他:店員の感じが良い

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルのエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.