バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



プライオリティパスで利用できる成田空港第2ターミナル「IASSラウンジ」で1杯無料ビール

f:id:TommyBackpacker:20190313171231j:plain


皆さんごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

ボクは先日タイエアアジアXを利用して、タイへ行ってきました。

空港は成田空港でターミナルは第2です。

その第2ターミナルには「ISAAラウンジ」と「TEIラウンジ」のふたつのラウンジが存在しています。

今回は時間がなかったので、「ISAAラウンジ」だけ利用してきましたので、そのリポート記事になります。

無料のビール、飲んできましたよ!

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190313162024j:plain

場所は出国手続き前の一般エリアで、レストランやショップ、見学デッキなどが集う4階にあります。

出発エリアの3階からエスカレーターで上階へ上がると、行くことができます。

f:id:TommyBackpacker:20190313163025j:plain

今回利用する「IASS」がマップ上の22番で、68番が「TEI」になります。いずれもフロアの端と端に位置しており、互いを行き来するには、時間に余裕をもって行動した方が良いです。

なにせ出国手続き前のエリアですからね。

IASSラウンジの様子

f:id:TommyBackpacker:20190313163349j:plain

受付でプライオリティパスと航空券を提示してサインをすると中へ入れます。その際に「ビールを呑みますか?」と聞かれるので、希望の際には「ハイ!」と答えます。ボクはもちろん「ハイ!」です。

IASSラウンジでは、無料で1杯だけビールを飲むことができます。

1杯無料のビール

f:id:TommyBackpacker:20190313163601j:plain

適当な座席に腰を下ろすと、スタッフの方がビールを持ってきてくれました。ビールはアサヒのスーパードライ。缶ビールですね。プラスティック製のコップと共に持ってきてくれました。

おつまみの柿ピー

f:id:TommyBackpacker:20190313163749j:plain

ビールのお供に柿ピーも無料で食べることができます。この日は朝からのフライトでしたが、ビールとともに柿ピーをポリポリとつまみました。

その他のドリンク

f:id:TommyBackpacker:20190313163926j:plain

ビール以外のドリンクはセルフサービスです。

煎茶、紅茶などのティーパック。

 

f:id:TommyBackpacker:20190313163922j:plain

そしてソフトドリンクや、コーヒーはマシンで飲むことができます。

スポンサーリンク
 

座席で充電できる

f:id:TommyBackpacker:20190313164232j:plain

座席は固定式で、リクライニングはできません。肘掛けがテーブルの役割を兼ねており、そこに充電できるUSBとコンセントがひとつずつあります。

f:id:TommyBackpacker:20190313164353j:plain

ボクは大体ラウンジで渡航先のSIMをセットします。スマホとパソコンを充電しながら、SIMをセットする。そしてビールを飲む。完璧です。

この日の渡航先はタイ。SIMはAmazonでタイの大手通信会社「TRUE MOVE」のSIMを購入しました。

このように事前に準備をしておくと、現地に着いてSIMの購入に並ばなくていいので、時間を有効に使えます。 

 

PC作業テーブル

f:id:TommyBackpacker:20190313164824j:plain

IASSラウンジは、もちろんFree Wi-Fiですが、テーブルがないので、PC作業をするには専用の場所で作業します。

座席は4つ。ちょっと狭いですが、致し方ないでしょう。電源のとれるコンセントもあります。

IASSラウンジのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190313165108j:plain

食事はなく、食べ物は柿ピーだけの「IASSラウンジ」でしたが、クレジットカードラウンジなので致し方ないです。必要最低限の設備なんでね。

それでもビールが1杯無料で飲めて、ドリンクも飲めて、Wi-Fiも使え、外の椅子よりは全然マシじゃないでしょうか。

ちなみにもうひとつの「TEIラウンジ」は、設備が似たり寄ったりで、お酒が有料という点から、「IASSラウンジ」を選択しました。 

プライオリティパス会員とは?

さて、世界各国のラウンジを利用できるプライオリティパスの会員になるには、当然年会費と利用権が必要になってきます。その種類は次の通りです。

スタンダード
年会費:99USD 会員利用権:27USD 同伴利用料金:27USD

スタンダードプラス
年会費:249USD 会員利用権:10回まで無料。その後27USD

プレステージ
年会費:399USD 会員利用権:利用回数に関係なく無料

 

上記の年会費を見ると、1年に1回利用するだけでも126USD必要になり、1年に数回海外旅行をする身にとっては高額なラウンジ利用となってしまいます。

お得な楽天プレミアムカード

そこで僕が今回ラウンジを利用するのに使用したのが、プライオリティパスに無料で登録できる楽天プレミアムカードでした。楽天プレミアムカードの年会費は10,800円。プライオリティパスの年会費399USDを支払い、利用回数に関係なく無料になる会員利用権を楽天プレミアムカードを持つことによって、年10,800円で同等のサービスを受けることができます。これは年に何度も海外へ足を運ぶバックパッカースタイルの旅をする身にとって有り難いカードなんです。

・楽天プレミアムカードならプライオリティパスに無料で登録  

海外旅行に必要な保険が自動付帯

楽天プレミアムカードはゴールドカードだから、付帯保険も充実しています。死亡保険、後遺障害保険金は最高5,000万円。傷害治療保険金は最高300万円、携行品損害保険金は年間最高50万円、救助者費用保険金は最高200万円と、 日本出国の前日から入国の翌日までの最長90日間自動的に保証される自動付帯保険があるのが、楽天プレミアムカードなんです。

楽天の旅行損害保険の詳細

また、通常の楽天カードは利用付帯のうえ、一度実費で支払ったあと治療費を受け取る保険ですが、楽天プレミアムカードなら保険会社がすぐに治療費を立て替えるキャッシュレスサービスなので、保険のことを考えても楽天プレミアムカードがお得なカードということが分かります。

・楽天プレミアムカードならプライオリティパスに無料で登録  

楽天プレミアムカードの詳細は下記からどうぞ

 

IASSラウンジ (IASS EXECUTIVE LOUNGE 2)

場所:成田空港 第2旅客ターミナル 4階北側
営業時間:7時〜21時
Free Wi-Fi:有り
対象カード:プライオリティパス、JCB、UC,SAISON、アメリカンエクスプレス、DC、MUFG、UFJ、NICOS、TS3、オリコ、EPOS、MI CARD、アプラス、住友三井トラストクラブ、楽天カード、ダイナーズクラブインターナショナル、ラウンジクラブ、ドラゴンパス、ベネフィットステーション、Lounge Buddy 

 

▷▷▷プライオリティパスで利用できる成田空港第1ターミナルのラウンジの詳細はこちら

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.