サウスパタヤで大きなバスタブ付きホテル|築浅でウォーキングストリートに近くて便利です!

f:id:TommyBackpacker:20190221190253j:plain


ごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

今回はパタヤで滞在したホテルの紹介です。

ホテル名は「Asana Hotel&Residence」

パタヤ屈指の繁華街、ウォーキングストリートからも近く、築浅で綺麗なところが特徴的でした。

そんな「Asana Hotel&Residence」の詳細を、これから紹介します!

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190221174157j:plain

場所はサウスパタヤロードから、ちょっとだけソイに入った場所。セカンドロードとの交差点からも徒歩5分ほどと、ウォーキングストリートで遊びたい人にもおすすめできる立地です。


◇サウスパタヤの交差点とAsana Hotel&Residenceとの位置関係

チェックイン

f:id:TommyBackpacker:20190221174549j:plain

今回はタイで合流した友人と一緒にチェックイン。

宿泊予約サイトのagodaで事前に予約をしていましたが、パスポートのコピーは予約者の1名のみ。同行者のコピーは求められませんでした。

そしてこのホテルは、デポジットが必要です。
デポジットの額は1,000THB。現金の持ち合わせが少ない人は要注意です。

デポジットを預けると、カードキーと朝食券を受け取り、上階の部屋へ移動します。

f:id:TommyBackpacker:20190221175139j:plain

フロントの前のロビーは、大変綺麗でした

部屋の様子

f:id:TommyBackpacker:20190221175256j:plain

部屋はツインルーム。内観も綺麗な印象を受け、築浅のホテルということを証明しています。

f:id:TommyBackpacker:20190221175431j:plain

木目を基調としており、柔らかい印象を与えます。全体的にシンプルな内装ですね。

f:id:TommyBackpacker:20190221175537j:plain

特徴的なのは、ミニキッチンがあるところです。IHコンロがないので、調理はできませんが、ホテル名に「Residence」があるところから、建物はホテルと居住用の両方を兼ね備えていると思われます。

f:id:TommyBackpacker:20190221175728j:plain

ベッドサイドには、セキュリティボックスが完備。海外のセキュリティに神経質な人は、とっても安心できると思います。

ちなみに僕は、海外のセキュリティボックス自体を信用してないので、利用せずに独自の管理方法で過ごしています。

シャワー&トイレ

f:id:TommyBackpacker:20190221180030j:plain

このホテルの最大の特徴は、シャワールームにあります。

それは大きなバスタブがあるところなんです。今回は使用することがありませんでしたが、長期滞在なら絶対お湯を張って寛いでいたことでしょう。

f:id:TommyBackpacker:20190221180244j:plain

シャワールームとトイレは同室ですが、距離は大きく離れており、床がビショビショになることもありません。広々としていて使いやすかったですよ。

スポンサーリンク
 


アメニティグッズ

f:id:TommyBackpacker:20190221180459j:plain

アメニティグッズも、一通り揃っています。

シャンプー、ボディシャンプー、歯ブラシセット、シャワーキャップ、そしてタオルはハンドタオルとバスタオルの2種類完備。これは嬉しいかぎりです。

屋外プール

f:id:TommyBackpacker:20190221181613j:plain

1階には宿泊者は無料で利用できる、屋外のプールがあります。

しかしそのプールの広さは申し訳ない程度で、泳ぐには物足りません。ちょっとした運動とクールダウンには適していますが、南国リゾートを味わいたい人には不向きです。

朝食ビュッフェ

f:id:TommyBackpacker:20190221180831j:plain

朝食は1階のロビーの奥で提供されます。

提供時間は6時30分から10時30分まで。夜中まで遊んで、寝坊助には辛いとこです。

 

f:id:TommyBackpacker:20190221181020j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190221181021j:plain


食事はビュッフェスタイルで、若干のタイ料理もありますが洋食がメインでした。

f:id:TommyBackpacker:20190221181145j:plain

新鮮な野菜をはじめ、料理は美味しかったです。しかしコーヒーだけは煮詰まっていました


f:id:TommyBackpacker:20190221181351j:plain

「Asana Hotel&Residence」には3泊しましたが、1日だけお粥が提供された日がありました。これはとても美味しくて、嬉しい気分になりました。特にお酒を飲んだ翌朝には、痛めた胃腸に効きましたね。

周辺の様子

f:id:TommyBackpacker:20190221190455j:plain


周辺はホテルを出れば、すぐ目の前がサウスパタヤロード。近所にはスーパーマーケットや銀行もあり、夜になると数多くの屋台が歩道を埋めます。

f:id:TommyBackpacker:20190221182420j:plain

僕は毎夜周辺の屋台へ足を運んで、お腹を満たしましたよ。

関連記事パタヤのおすすめクイッティアオ屋台食べ比べ!ゴロッと骨付きチキンと優しい味わいのスープ


関連記事パタヤの美味しいカオマンガイ屋台でカオマンガイトーのミックスに満足!

 

f:id:TommyBackpacker:20190221182817j:plain

また、ウォーキングストリートの入口までは、徒歩で約7分。パタヤ屈指の繁華街で、夜遊びを存分に楽しみたい人にも立地は抜群です。

なにせ、ウォーキングストリートに近すぎても、音楽や人の声などうるさすぎるんでね。このくらいの距離感の方が良いんです!

「Asana Hotel&Residence」のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190221183204j:plain

今回初めて宿泊した「Asana Hotel&Residence」でしたが、良かった点は以下の通り。

  1. 築浅で綺麗
  2. サウスパタヤをメインに行動するには、立地がとても良い
  3. 朝食が無料でついてくる
  4. 周辺の飲食店が多い
  5. 大きなバスタブがある

とにかく築浅なので、綺麗なところは良かったです。そして美味しい朝食が無料で提供され、ビュッフェスタイルなところも良かったですね。そしてサウスパタヤロードが目の前ということで、夜になると多くの屋台が軒を連ねるところも嬉しかったです。

 

逆に悪かった点は以下の通り。

  1. 複数人で宿泊してもカードキーがひとつ
  2. スタッフが無愛想
  3. プールが小さい

まず、カードキーの件ですが、複数人で利用して別行動をとると、いちいちフロントに鍵を預けないといけないので面倒でした。

そしてスタッフの無愛想の件ですが、特に愛想が悪いというわけではありませんが、皆笑顔がありません。Hotel&Residenceの名の通り、全体的に愛想のないマンションの管理人みたいな接客です。

そういう面では、セキュリティに厳しい印象はなく、ムフフな連れ込み的な利用にも向いているかもしれません。

最後に個人的な感想になりますが、やっぱりゲストハウスの方が楽しいなという感想です。綺麗は綺麗なんですが、どこかあっさりしすぎていて、ワクワクしないんですよね。もちろん海外の中級ホテルを好む人は、満足できると思いますよ。

タイで久しぶりにちゃんとしたホテルに泊まったのに、こんな感想でごめんなさい。

Asana HOTEL & RESIDENCE

住所:หมู่ที่ 10 111/279 24 S Pattaya Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
料金:1泊6千円前後/オフシーズン
設備:Free Wi-Fi、エアコン、カードキー、冷蔵庫、テレビ、タオル2種類、シャンプー&ボディシャンプー、ドライヤー、シャワーキャップ、ポット、コップ、ミネラルウォーター1日2本、電源多め、朝食無料、喫煙はベランダで可能
特徴:デポジット1,000THB、部屋と周辺は静か、スタッフは無愛想、築浅で綺麗

 

▷▷▷アサナホテル&レジデンスの詳細は以下からどうぞ 

Booking.com|アサナホテル&レジデンス|宿泊予約・レビュー・空室確認
“"
Agoda.com|アサナホテル&レジデンス|宿泊予約・レビュー・空室確認

Hotels.com|アサナホテル&レジデンス|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

パタヤの関連記事を以下からどうぞ

▷▷▷パタヤの有名レストラン「パックブンロイファー(空飛ぶ空芯菜)」で飛ばない空芯菜と料理の紹介

▷▷▷パタヤのおすすめ人気海鮮レストランの料理の数々をご紹介します!

▷▷▷【パタヤ】ターミナル21のフードコート「PIER21」で安価に美味しいタイ料理

 

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
週末ちょっとディープなタイ旅 (朝日文庫)

週末ちょっとディープなタイ旅 (朝日文庫)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.