パタヤでケバブ!サウスパタヤ界隈で酒を飲んだあとのシメにいかがですか?

f:id:TommyBackpacker:20190203123155j:plain


パタヤの開放感に魅せられて、ついついアルコールが進んでしまうのが僕の悪いクセ。酔っ払った挙げ句、シメにタイヌードルを食べてから宿泊しているホテルへ帰るのが定番でしたが、今回宿泊したホテルの近くで、たまたま口にしたケバブが美味しく、飲んだあとのシメにもシックリきたので、今回はパタヤのケバブを紹介します。

スポンサーリンク
 

 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20190203111620j:plain

場所はセカンドロードとサウスパタヤロードの交差点。

店名は「M.R. Kabab Shawerm & Falafel」です。

元々パタヤにはアラブ人街もあって、多くのアラビアン料理屋をはじめ、中近東の料理屋を見かけます。

f:id:TommyBackpacker:20190203112152j:plain

店頭にはドネルケバブといって、回転させてローストした肉が食欲をそそり、思わず買いたくなっちゃうんですよね。これを客に見せることで演出となり、購買意欲を掻き立てます。ケバブ屋の特徴ですね。

f:id:TommyBackpacker:20190203122551j:plain
◇赤い看板とトルコの国旗も目印です



◇M.R. Kabab Shawerm & Falafelの位置関係

店内の様子

f:id:TommyBackpacker:20190203113010j:plain

当然持ち帰りもできるんですが、今回は店内で食べることにしました。

その店内は10人ほどが座れる、小さな店舗です。僕が入ったときは、空席が目立っていましたが、途中から相席になってしまいました。

メニュー

f:id:TommyBackpacker:20190203113219j:plain

ケバブは定番のロールサンドイッチで食します。価格は野菜ロールの60THBから、ミックスロールの100THBまで様々。豆のコロッケのファラフェルロール70THBも美味しそうです。

f:id:TommyBackpacker:20190203113657j:plain

ハンバーガースタイルもあります。

価格は100THBから150THBまで4種類ありました。

f:id:TommyBackpacker:20190203113811j:plain

ピザもあります。価格は200THB台が中心です。パタヤは何気にピザを口にできる飲食店が多いような気がします。

f:id:TommyBackpacker:20190203113933j:plain

濃厚こってりでいきたいときは、チーズロールが美味しそうです。価格も80THBからと、お手頃な価格だと思います。

f:id:TommyBackpacker:20190203114112j:plain

その他にも、串焼きケバブもあったりして、小さな店舗ですが、メニューは豊富でした。

f:id:TommyBackpacker:20190203114235j:plain

ドリンクとポテトのセットもあります。

スポンサーリンク
 

チキンロール

f:id:TommyBackpacker:20190203114353j:plain

そんななか、僕が注文したのは「チキンロール」です。

飲んだあとのシメですからね。ちょっとでいいんですが、結構な大きさで出てきちゃいました。

f:id:TommyBackpacker:20190203114512j:plain

アルミホイルを丁寧に開くと、チキンロールとご対面です。

f:id:TommyBackpacker:20190203114602j:plain

その中身はトマト、レタス、玉ねぎなどの野菜に加えて、食感の柔らかいチキンと、スパイシーなソースが絡み合って旨いです。

店頭で注文したとき、「スパイシーオーケー?」と聞かれて、オーケーと答えて正解でした。甘みのあるまろやかなソースなので、辛いのが苦手な人でも大丈夫だと思います。


まとめ

f:id:TommyBackpacker:20190203120222j:plain

僕は胃が小さいので、飲んだあとに口にするのは、ボリュームがありすぎでした。それでも味の良さから、ペロッと全部完食できました。

夜食にタイヌードルばかり食べていると、たまには濃い食べ物を口にしたくなるんですよね。そんなとき、ケバブはちょうどいい味です。お腹が満たされ、ホテルへ帰ってぐっすり眠ることができました。

お昼の11時からオープンしているので、昼食でもいいと思います。

M.R. Kabab Shawerm & Falafel

住所:Pattayasaisong Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
営業時間:11時から1時
定休日:不明

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルがエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.