バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



パタヤのおすすめクイッティアオ屋台食べ比べ!ゴロっと骨付きチキンと優しい味わいのスープ

f:id:TommyBackpacker:20190207111723j:plain


ごきげんいかがお過ごしですか?
トミー(@tommybackpacker)です。
 
今回はタイ・パタヤにあるクイッティアオ、いわゆるタイヌードルの美味しい屋台を二軒紹介します。

場所はサウスパタヤロード沿い。その二軒は隣合わせの場所にあって、夜になると営業をする屋台。その屋台では、両方の店舗でチキンのクイッティアオを口にしましたが、どちらも特徴があって、甲乙つけがたいクイッティアオ屋台でした。

絶対におすすめです!!
スポンサーリンク
 

 

クルンタイ銀行のクイッティアオ屋台

f:id:TommyBackpacker:20190207094019j:plain

まず最初の店はタイで4番目に大きい銀行、クルンタイ銀行(KRUNGTHAI BANK)の前で、夜になると営業をするクイッティアオ屋台。企業カラーの水色が目印になって、とても分かりやすいです。

場所はセカンドロードとサウスパタヤロードの交差点から、東へ徒歩2〜3分ほど。ウォーキングストリート界隈で遊んだあとに、夜食として立ち寄ることも可能です。

 


◇クルンタイ銀行の位置関係

ゴロッと骨付きチキンが嬉しい

f:id:TommyBackpacker:20190207094659j:plain

ココで食べたのは、チキンのクイッティアオ。価格は50THB。香りもよくて、食欲をそそります。

f:id:TommyBackpacker:20190207094853j:plain

そしてなんと言ってもゴロッとした骨付きチキンに目を奪われます。お肉は柔らかくてジューシーな食感なので、飲んだあとのシメでもペロッと食べることができます。

麺の種類

f:id:TommyBackpacker:20190207095212j:plain

麺の種類はセンレック。特に何も言わないと、センレック  *1 でいただきました。特に何も言わなければ、センレックで提供されます。

濃いめのスープ

f:id:TommyBackpacker:20190207100926j:plain


濃く見えるスープは口にすると、そこまで塩分を感じません。これはおそらくナムトックと呼ばれる、湯通しした牛や豚の血のスープを入れているため。コクがあって、タイ人に人気のあるスープです。

付け合せの野菜

f:id:TommyBackpacker:20190207101434j:plain

テーブルに置かれた生のもやしやレタスを手で豪快にちぎって器に投入。麺と一緒に食べるのがタイスタイルです。

スポンサーリンク
 

クルンタイ銀行の右隣りのクイッティアオ屋台

f:id:TommyBackpacker:20190207102705j:plain

続いて二軒目は、クルンタイ銀行のすぐ右隣で営業をするクイッティアオ屋台。先述の屋台もそうですが、こちらの屋台も連日多くの人で賑わっていたので、ついつい食べ比べをしました。

ポークのクイッティアオ

f:id:TommyBackpacker:20190207103056j:plain

この屋台で食べたのは、ポークのクイッティアオです。価格は50THB。実は最初チキンで注文したところ間違えてポークが出てきたのですが、これがとても美味しく連日シメの夜食に通ってしまいました。

f:id:TommyBackpacker:20190207103617j:plain

ココの屋台の特徴は、白い魚のつみれ団子が2個入っているところです。僕はこの魚のつみれ団子が好きで、クイッティアオに入っていると、とても嬉しく思います。

麺の種類

f:id:TommyBackpacker:20190207103916j:plain

麺の種類は先程の屋台と同じくセンレック。特に何も言わなければ、センレックで提供されます。

優しい味わいのスープ

f:id:TommyBackpacker:20190207104124j:plain

スープは先程の屋台と違って、透き通るような綺麗な色をしたスープをしています。そして塩分も控えめな、優しい味わいのスープでした。これにはアルコールで痛めた胃腸に優しさを覚え、連日通ってしまいました。

f:id:TommyBackpacker:20190207104547j:plain

優しい味わいのスープに、卓上の調味料はいりませんでした

付け合せの野菜

f:id:TommyBackpacker:20190207104736j:plain

付け合せの野菜はこちらの屋台の方が豊富に見えますが、基本的には同じです。ただ、いんげんがあるのが違いでしょうか。

クイッティアオ屋台食べ比べのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190207105000j:plain

今回のパタヤ滞在で食べ比べた、二軒のクイッティアオ屋台。宿泊したホテルの関係でサウスパタヤロード沿いの屋台が中心となりましたが、この界隈は夜になると多くの屋台が営業をするので、とても便利でした。

そして食べ比べたクイッティアオ屋台をまとめると、お腹が空いているときはクルンタイ銀行の前の屋台で、骨付きチキンのクイッティアオ。飲んだあとのシメに軽く食べたいときは、その隣で営業する屋台でポークのクイッティアオと結論が出ました。価格はどちらも50THB。日本円で約175円ですから、嬉しいかぎりです。

サウスパタヤロード界隈に滞在するときは、再び訪れようと思っています。あぁ、美味しかったなあ〜。

今回食べた二軒のクイッティアオ屋台

場所:サウスパタヤロード沿いにあるクルンタイ銀行前とその右隣。
クルンタイ銀行の住所:31 4-7 S Pattaya Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
今回のお支払い:どちらも50THB

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルがエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

*1:タイの麺には幾つかの種類があります。クイッティアオ屋台では麺の種類を選ぶことができるのが一般的です。

麺の種類は以下の通り。

1.バミー
小麦でできた中華麺。黄色い色をしているので分かりやすい。

2.センヤイ
クイッティアオで一番幅の広い麺で、生麺なのが特徴。もちもちとした食感が楽しめる。

3.センレック
2〜3ミリほどの太さがあり、パッタイで使用するのもこのセンレック。

4.センミー
クイッティアオのなかで一番細い麺。

5.ウンセン
緑豆の麺で、春雨料理に使用されることが多い。

これらを覚えておくだけで、クイッティアオ屋台での楽しみが広がりますよ。


当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.