バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



パタヤ男のひとり旅|観光なんてしないビーチ行って酒飲んで寝るだけの生活

f:id:TommyBackpacker:20190523174436j:plain


タイの首都バンコクから南へ約150kmに位置するパタヤ。
 
バスで約2時間で行けることから、気軽に足を運べるリゾート地として、各国の旅行者から人気があります。
 
これが日本の、とりわけブログ界隈の外こもりの人たちにも人気があり、パタヤをテーマにしたブログも少なくありません。
 
僕は昨年(2018年)、今年と続けて足を運びましたが、パタヤの魅力をちょっとだけ理解できたような気がします。
 
所詮、短期の旅行者なので、外こもりの気持ちは分からないかもしれませんが、僕なりに感じたパタヤの魅力と過ごし方を紹介したいと思います。
スポンサーリンク
 

 

パタヤの海

パタヤビーチ

f:id:TommyBackpacker:20190523155902j:plain

パタヤといえば、やはり海。

パタヤのメインビーチ「パタヤビーチ」は、ちょっとビールを飲んで昼寝をする分にはいいんですが、砂浜は狭くて、水質も悪いんです。

ジョムティエンビーチ

f:id:TommyBackpacker:20190523160337j:plain

僕はパタヤの南西側にある「ジョムティエンビーチ」の方が、ビーチらしく賑わっていて好みでした。

それにしても欧米系のおばあちゃん、おじいちゃんが多いのであしからず。

f:id:TommyBackpacker:20190523161020j:plain


まあ、人のことはどうでもいいのです。

昼間っからビール飲んで、スマホいじって、睡魔が襲ってきたら寝るだけ。いいんでしょうか、今からこんな老後みたいな過ごし方で。

f:id:TommyBackpacker:20190523161220j:plain


いいんです。

ビーチで夕日を見られたら、その日一日は幸せなんです。

f:id:TommyBackpacker:20190523161340j:plain


なお、ジョムティエンビーチへは、ソンテウが安くて便利で楽ちんでした。 

関連記事パタヤの便利な巡回バス「ソンテウ」のルートと乗り方と運賃はコレだ!!

パタヤの屋台での食事

f:id:TommyBackpacker:20190523161726j:plain

レストランより屋台の方が頻度が高くなるのが、ひとり旅の特徴。

これ、外こもりでも旅でも一緒のような気がします。

f:id:TommyBackpacker:20190523161938j:plain

たとえば、カオマンガイとカオマンガイトーのミックスで50バーツ。日本円で約170円。ボリュームもあるので、これを口にすれば夜食いらず。食費もかかりません。

f:id:TommyBackpacker:20190523162151j:plain


たとえ夜食でヌードルを食べたとしても、ゴロッとしたチキンが入ったヌードルも50バーツ。約170円です。いや〜、幸せ幸せ。

関連記事パタヤの美味しいカオマンガイ屋台でカオマンガイトーのミックスに満足!

関連記事パタヤのおすすめクイッティアオ屋台食べ比べ!ゴロッと骨付きチキンと優しい味わいのスープ 

ターミナル21のフードコート

f:id:TommyBackpacker:20190523162737j:plain

パタヤに幾つかあるフードコートで、気に入ったのがターミナル21にあるフードコート「PIER21」。

f:id:TommyBackpacker:20190523163049j:plain

大体一食40〜60バーツ台で口にすることができるので、街なかの屋台と変わりありません。

そして屋台のほとんどが夜からの営業なので、ターミナル21のフードコートは、昼間の利用が増えました。

関連記事:【パタヤ】ターミナル21のフードコート「PIER21」で安価に美味しいタイ料理

パタヤの夜 

f:id:TommyBackpacker:20190523163832j:plain

パタヤといえばビーチリゾートのイメージに負けないくらい、夜の一面も色濃いです。ネオンギラギラのウォーキングストリートを歩けば、団体ツアーの中国人観光客で通りを埋め尽くし、賑わっています。

あれ、なんか違うぞ。

f:id:TommyBackpacker:20190523164225j:plain

まあ、とにかく彼らの数が多すぎて、道は歩きにくいんです。写真も立ち止まってよく撮りますからね。ウォーキングストリートは眠らない不夜城?いやいや、ただの観光名所です。

f:id:TommyBackpacker:20190523164548j:plain

パタヤのウォーキングストリートでクラブといえば「インソムニア」。そのくらい認知度が高い有名店。あとはハリウッドかな。

f:id:TommyBackpacker:20190523164819j:plain


あとはムエタイ見ながら飲めるバーもあります。この時は蛇のショーをやっていましたが。

f:id:TommyBackpacker:20190523165005j:plain


タイでよくありがちな、生バンドを見ながら飲めるバーもあります。酔っ払ってないと、うるさくてたまりませんが。

f:id:TommyBackpacker:20190523165342j:plain


気軽に飲めるバービアは、街なかに腐るほどあります。

ビールは大体100バーツ(約340円)以下で、ぼったくりもほとんどありません。

f:id:TommyBackpacker:20190523165344j:plain


お酒を飲みながらバービア嬢と話したり、ゲームをしたり、バービア嬢にご馳走したり、店外に連れ出したりと、人様々な遊びができるのがバービアなんです。

f:id:TommyBackpacker:20190523170024j:plain


バービア嬢が苦手な方は、ボーイズもあります。

f:id:TommyBackpacker:20190523170311j:plain


僕は夜まで待てないので、昼間のハッピーアワーでたらふく飲むのが日課でしたよ。

スポンサーリンク
 

パタヤのホテル

f:id:TommyBackpacker:20190523170626j:plain

さて、パタヤは数え切れないくらいのホテルがありますが、僕のおすすめはairbnb、いわゆる民泊を利用することです。

f:id:TommyBackpacker:20190523170851j:plain

高層マンションのコンドミニアムに泊まれば、気兼ねのない貸し切りで寛げます。もちろんワイファイもエアコンもあって言うことなし。スポーツジムもプールも利用できるので、マンション内で一日過ごせます。デメリットは快適すぎて、せっかくのパタヤなのに、外へ出ないことくらいでしょうか。

f:id:TommyBackpacker:20190523171041j:plain


屋上のプールから見た夕日が沈むパタヤ湾の景色は、一生忘れません。って言いすぎか?
 

▷▷▷Aibnbをゲストとして利用してみる

最初のご旅行が最大¥ 5088オフに

 

パタヤ男のひとり旅 まとめ

f:id:TommyBackpacker:20190523172041j:plain

ここまでパタヤの過ごし方を紹介しましたが、お気づきでしょうか?

そう、特にコレといったことしてないんです。

ビーチ行ってビール飲んで、昼寝して、食事して、ハッピーアワーで再びビール飲んで、たまにジム行ったり、プールで行水して、夕飯食べて、また飲み行って、夜食食べて寝るみたいな生活なんです。

もう駄目人間みたいな一日が、旅行者でも楽しいのです。

まあ、もっともラオス辺りでも似たような過ごし方になるんですけど、要は観光しない旅が好きなのかもしれません。

まだパタヤへ一度も行ったことのない方、どうですか?
一度パタヤへ。

外こもり系の方々がよく口にする

「日本の生活に疲れたら、一度パタヤへ」

あながち間違っていないような気がします。

 

関連記事バンコクからパタヤへバスでの移動方法|エカマイ東ターミナルとモーチット北バスターミナル編

関連記事はじめての海外ひとり旅はタイがおすすめの理由 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルがエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

D17 地球の歩き方 タイ 2019?2020

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
男の楽園探し タイランド 2019 (セブンベストムック)

男の楽園探し タイランド 2019 (セブンベストムック)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.