【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

20150211110837 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

20150208113033 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

2014.11.25(5日目)
マレーシアに来てから一番気持ちのよい朝に感じた。島好きの僕にはやはり南の島は肌にあうのだろうか。宿のホットコーヒーを飲むとジョージタウンの街へ出かけた。

スポンサーリンク

 

ジョージタウンでナシレマ

20150208113436 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

ペナン島に限らず、夜に初めて訪れた街は翌朝ガラッと景色を一層させてくれる。街の姿が現すのだ。

20150208113925 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

そんなことを感じながらパンタイ通りを歩いていると、チマキみたいな食べ物が見えたので気になり覗いてみることにした。すると、ネットやガイドブックで見たことがある記憶が思い起こされた。

20150208114110 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

「これがナシレマというやつか」

ナシレマはマレーシアの国民食とも言われている。僕が食べたものは、ココナッツミルクで蒸したご飯の上に、アンチョビとチリペーストが添えられ、玉子も乗っていた。それをバナナの皮で包んでおり、持ち帰って食べることもできる。

20150208114129 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

味はチリペーストとアンチョビの味が絶妙にマッチして、最高に美味しかった。この食べ物は、ナシレマおにぎりとして日本のコンビニで販売してくれないかなと思ったりもした。

・ナシレマ(アンチョビ&エッグ):RM1.70

ペナン島のジョージタウンとは?


ここでペナン島のジョージタウンとは、改めて復習してみる。ジョージタウンの人口は約40万人で、マレーシアでは首都クアラルンプールに次ぐ第二の都市だ。2008年にはマラッカと共に歴史的街並みが世界遺産登録され、マレーシアでは初の文化遺産となった。

そんなペナン島ジョージタウンの古い街並みを歩いていると、いたる所にストリートアートに出会う。それは壁画アートと針金アートで各数十カ所に及んだ。可愛らしいものやノスタルジックなものまで、見つけるたびに心をホッとさせてくれる存在だった。そしてジョージタウンはイギリス植民地時代の建物とさまざまな文化が融合した街並が残るところでもある。そんなジョージタウンの街をぶらり散歩してみた。

セント・ジョージ教会

20150208123317 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

セント・ジョージ教会は、1818年に建築された東南アジア最古の英国国教会。イギリス軍の技師ロバート・スミスの設計で、コロニアル様式を採用している。美しい尖塔は街の中心で目をひく存在だ。

コーンウォリス砦

20150208124448 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

北東の海岸部に位置する英国統治時代の要寒。1786年英国東インド社会のフランシス・ライトが最初にペナンを訪れた際に建てられたマレーシア最大の砦。煉瓦造りの壁に囲まれ、海に向かった大砲が要寒を守っている。

ヴィクトリア・メモリアル時計台

20150208125130 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

コーンウォリス砦からほど近い時計台は、ヴィクトリア女王の即位60周年を祝って1902年に完成した。つまり100年以上も時を刻み続けていることになる。高さは即位年数と同じ60フィート(約18m)

水上集落

20150208130051 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

華人が一族ごとに住む水上集落。海に伸びる桟橋は計5つ。これらの橋は取り壊しの予定だったが、2008年の世界遺産登録により残ったそうだ。

カピタン・クリン・モスク

20150208131300 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

1801年、南インドの貿易商モフディーンによって建設されたペナン最古のモスク。ムーア様式のドームと尖塔が印象的だ。尖塔からは1日5回、コーランが流れる。

 

スポンサーリンク

 

壁画アート

20150211110631 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

そして壁画アートは、街のいたるところで見ることができ、旅行者を飽きさせない。

20150211110728 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

高い位置から水色の少女。

20150211110804 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

ポップな壁画。

20150211110837 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

自転車は本物? 記念写真の多いスポットです。

針金アート

20150211111020 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

さらに壁画同様、針金アートも街のいたるところで出会う。

20150211111122 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

針金といっても、丈夫でしっかりとした造りだ。

20150211111153 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

針金アートはポップで、ユーモアを感じるものが多いように見える。

20150211111224 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

僕も他の旅行者同様、アートを見つける度にカメラのシャッターを切った。酷暑のなか、夢中になったジョージタウンの街歩きだった。

 20150208134040 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する


ペナン島は文字通り島だ。歴史的な建物も良かったが、すぐ側にある海も良かった。昨日の深夜に着いた街の景色は
真っ暗で何も見えなかったが、今日のフェリーターミナルは、青い空と白い雲に包まれていた。

 

20150208135836 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

僕はフェリーターミナルでのんびりしたあと、隣接するKTMのチケット売り場へ向かった。数日後にはタイ・バンコクまで、鉄道で行こうと思っているからだ。実はクアラルンプール滞在中にKLセントラル駅で満席と言われていたが、キャンセルで空きがないかを確認しにきたのだ。しかし結果は残念ながら満席。憧れのマレー鉄道に乗車することは叶わなかった。

深夜特急のあしあと

ペナン島での楽しみのひとつ、それは深夜特急のあしあとを探すことだった。記憶が正しければ、トライショーの老人と街の中心地の方まで歩いた記憶がある。僕はネットの情報も頼りにしながら、ペナンの街を歩いた。

51B6MW5DRKL. SL160  - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

さらに歩いていくと、かなり安そうな旅館が見つかった。同楽旅社、とあるからには華僑が経営する宿なのだろうが、どこか当たり前の旅社とは異なる奇妙な雰囲気が漂っている。それは広い前庭の奥に建っているということもあったが、なにより一階がバーになっているということが大きかった。
沢木耕太郎著 〜深夜特急2より〜

20150208161649 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

沢木氏はフェリーターミナルからしつこい老人のトライショーを振り切り、メインストリートから一本奥の道に入っていった。このメインストリートとは、ペナン通りのことかと思われる。そして「同楽旅社」は、数多くの深夜特急ファンにて探されており、色々な人のブログで見ることができた。そんなブログ情報によると、赤と白の外観が特徴的なエアアジア系のホテル、Tune Hotelの側ということが分かった。

同楽旅社の外観

20150208161812 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

あっさり同楽旅社を発見できてしまったが、頭上の看板に目をやると、同楽ではなく、快楽になっているではないか。

快楽冷気酒座。

なんだか飲み屋みたいだが、普通の飲み屋なんだろうか。若干の怪しさを感じる。

20150208161859 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

前庭は作中と同じく広いスペースで、その奥に建物があった。これは間違いないだろう。

20150208162034 - 【ペナン島】世界遺産の街「ジョージタウン」と深夜特急のロケ地を散策する

作中に描かれていたのは「不思議に陽気な娼婦の館」なので、時代が変わり経営形態が変わっても、いかがわしいのは変わっていないということなのか。その後ネットの情報を見ると、一階のバーで店の女の子と話しながら酒を飲み、気があえば二階の部屋でムフフという展開ができる飲食店らしいということが分かった。現在は宿の経営はしていないが、当時の建物は残っており、沢木氏の一片に触れただけでも満足した。


Tune Hotelの場所

スポンサーリンク

 
カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
マレーシア

コメントを残す

*