バンコクの人気店「アーノズブッチャーステーキ(Arno's Butcher) 」プロンポンのエムクオーティエ店の味は?

f:id:TommyBackpacker:20190203165808j:plain


昨年(2018年)バンコクのチョンノシーにある本店で初めて口にした、アーノズブッチャーアンドイーテリー(Arno's Butcher and Eatery) の熟成ステーキ。それはとても美味しく、リーズナブルなお値段で楽しめました。

あれから数ヶ月、僕は再びアーノズブッチャーの熟成ステーキを求めて、足を運ぶことにしました。

ところで、バンコクにはアーノズブッチャーの店舗が全部で3店舗あり、ひとつは前回訪れたチョンノシーの本店。2つ目はトンロー店。そしてもうひとつがプロンポンのエムクオーティエというファッションモールのレストラン街(7階) にあります。

ということで、
今回は「エムクオーティエ店にあるアーノズブッチャーのステーキ」を食してきました!

関連記事アーノズブッチャーアンドアンドイーテリー(Arno's Butcher and Eatery) チョンノシー本店の詳細はこちら

スポンサーリンク
 

 

場所

f:id:TommyBackpacker:20190203134811j:plain

場所はBTSプロンポン駅のすぐ目の前、駅と直結しているエムクオーティエという、2015年にオープンしたファッションモールの中にあります。

f:id:TommyBackpacker:20190203135126j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190203135133j:plain


エムクオーティエは、海外の有名ブランドから、タイ国内の人気ファッションアイテムまで揃った最新ショッピングモールです。

f:id:TommyBackpacker:20190203140315j:plain


建物内は水と緑の清涼感のある演出がされていて、日差しの強いバンコクの日中は、エムクオーティエで過ごすのも悪くありません。特に昨今はPM2.5のせいで空気がとても悪いですからね。

f:id:TommyBackpacker:20190203185645j:plain


なお、エムクオーティエは中央の「THE GLASS」、「THE WATERFALL」、「THE HELIX」の3つのフロアから構成されており、レストラン街は「THE HELIX」にあります。


◇プロンポン駅とエムクオーティエの位置関係

店の外観

f:id:TommyBackpacker:20190203140523j:plain

アーノズブッチャーのステーキ店は、The Helix7階にあるレストラン街。Arno'sのロゴが見てそれと分かります。

f:id:TommyBackpacker:20190203150905j:plain

それよりも、この建物の造りがスロープの螺旋になっているので、一瞬自分が何階にいるのか分からなくなりますので注意が必要です。

店内

f:id:TommyBackpacker:20190203151134j:plain

店内は通路を挟んで2ヶ所に別れていて、窓側の席は景色が楽しめます。この日は窓側の席が先客で埋まっていたので、別の席に座りました。

ステーキメニュー

f:id:TommyBackpacker:20190203151425j:plain

ステーキは45日、75日、100日、120日の熟成肉があります。その中で「75日熟成骨なしサーロイン(Siroin Boneless) 1,700THB/Kg」を400g注文しました。

f:id:TommyBackpacker:20190203152123j:plain

お肉は注文を終えると、店員と一緒に選ぶことができます。これはピッタリ400gのお肉は無いので、それに近いグラム数のお肉を選んだり、状態の良さそうなお肉を選ぶことができます。

結局395gのお肉を選んで、価格は671.50THBとなりました。

f:id:TommyBackpacker:20190203152415j:plain

チョンノシー本店との違いは、真空パックに入っていることです。おそらく本店でパッケージされて運ばれてくると思うんですが、この真空パックのおかげで、本店より味が落ちるとの声も耳にします。果たして真相はどうなんでしょうか。このあとのお楽しみです。

お酒を飲めない時間帯

f:id:TommyBackpacker:20190203152747j:plain

ステーキといえば、当然ワインを片手に……となるんですが、訪れた時間帯が悪かったんです。

タイでは通常11時から14時、17時から24時までがお酒の販売時間帯なんですが、訪れた時間帯は14時過ぎで、店員に今はお酒を販売できないと言われてしまいました。

この体験は初めてです。通常レストランやバーは関係ないと思いますし、実際に今まで散々バーなどで飲んできましたからね。エムクオーティエの規約か何かあるのかもしれません。

f:id:TommyBackpacker:20190203153252j:plain

ということで、シンハーのソーダ水(25THB)を片手に熟成ステーキを楽しむことにしました。

75日熟成サーロイン

f:id:TommyBackpacker:20190203153551j:plain

さて、前回チョンノシー本店でも食べた75日熟成のサーロインですが、鉄板ではなく、白い器に盛られて出てきました。何だかこれだと旨そうに見えません。ちょっと残念なところです。他のテーブルを見ると鉄板で出ているのを目撃したので、肉のランクなのか、量の違いで別けているのか分かりません。

f:id:TommyBackpacker:20190203160114j:plain

焼き方はミディアムでお願いしましたが、表面がちょっと焼きすぎのような気がします。食感がカリカリなんですよね。明らかにチョンノシー本店で食べた75日熟成ステーキとは違います。ただし、中身のお肉はまずいというほどではありません。

f:id:TommyBackpacker:20190203161941j:plain

それなりに楽しめましたが、やはり本店の肉を食べている分だけ劣っている気がしました。

関連記事アーノズブッチャーアンドアンドイーテリー(Arno's Butcher and Eatery) チョンノシー本店の詳細はこちら

スポンサーリンク
 

シーザーサラダ

f:id:TommyBackpacker:20190203162144j:plain

サイドメニューでシーザーサラダも注文しました。サイズはSサイズ95THBとLサイズ220THBの2種類。写真のサイズはSサイズです。味はとても良かったです。

マッシュポテト

f:id:TommyBackpacker:20190203162532j:plain

マッシュポテトも注文しました。価格は95THBです。僕はマッシュポテト大好きで、ステーキのお供によく食べます。味はとても良かったですよ。

エムクオーティエ店のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190203163035j:plain

さてアーノズブッチャーステーキ(Arno's Butcher) エムクオーティエ店の感想ですが、はっきり言ってチョンノシー本店の方が断然美味しいです。

その理由は次の通り。

  1. 真空パックされて運ばれているため
  2. 鉄板ではなく器のため
  3. 焼き加減

1の真相はステーキ通ではないので分かりませんが、鮮度は落ちているかと思います。もっとも熟成肉なので鮮度という表現が正しいのか、よく分かりませんけどね。

2はとても大事なことです。料理は見た目も含めて料理ですからね。さらに、器だと肉がすぐに冷めてしまいます。

3は言うまでもありません。実際に焼き加減が全然違いました。

結論「アーノズブッチャーステーキはチョンノシー本店一択!!!」

ただし、ココの売りはランチタイム(17時まで)のハンバーガーなので、次回はリベンジでハンバーガーを食べてみたいと思います。

アーノズブッチャーアンドイーテリー(Arno's Butcher and Eatery) エムクオーティエ店

住所:EmQuartier Shopping complex 2A08 2nd floor, 693 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana Bangkok (The Helix7階) 
最寄り駅:BTSプロンポン(Phrom Phong)駅
営業時間:10時から22時
定休日:不明

 

関連記事アーノズブッチャーアンドアンドイーテリー(Arno's Butcher and Eatery) チョンノシー本店の詳細はこちら

 

▷▷▷僕のホテル探しは下記のサイトを利用しています

・エアトリ
旧DeNAトラベルがエアトリにリニューアルして使いやすくなっています

【Booking.com】
お得なシェア2,000円割引があるのが魅力的です

agoda
東南アジアにおけるホテル掲載は最強です

 

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

D17 地球の歩き方 タイ 2018?2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.