バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



葛飾区立石「巻き串ぐるぐる」で絶品みたらし団子の巻き串!何でも巻いちゃう楽しさがそこにある

f:id:TommyBackpacker:20190429115640j:plain


今回の酒場探訪は、東京都葛飾区立石から

「巻き串ぐるぐる」

のご紹介。

以前は大手町で営業しており、今年(2019年)の3月に立石の街に移転してきたお店で、様々な食材を豚肉でぐるぐる巻いて食す飲食店です。

では、どんな食材なの?

って気になるじゃないですか。

百聞は一見にしかず。

早速足を運んできましたら……

「あら? みたらし団子の巻き串ですと!!?」

これがね、案外ビールと相性が良いんです。

そんな「巻き串ぐるぐる」の探訪記をどうぞ!

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190429103836j:plain

場所は京成線立石駅の北口から徒歩2分。

通称水道道路と呼ばれる緑道沿いにあります。

外観の赤い提灯が目印になります。週末は競馬中継を店内のテレビで放映しています。大衆的ですねぇ。
 


◇京成立石駅と巻き串ぐるぐるの位置関係

 

f:id:TommyBackpacker:20190429104258j:plain

このお店の特徴として、呑助の街、立石らしく、平日は15時半から、土日祝は13時半と、昼飲みができるところです。これは嬉しいかぎりです。

そしてオープンから18時までは、生ビールが320円、サワー類は220円という破格の値段。

立石スタイルで、チャージもなく、つまみも食べず、酒だけ飲んで帰る客もOKだそうです。

店内のメニュー

f:id:TommyBackpacker:20190429104755j:plain

店内はカウンター席が6席と、テーブル席が6席の計12席。スタッフは男性2人で経営されています。

その壁側にドリンクとフードメニューがあります。

f:id:TommyBackpacker:20190429105055j:plain

おつまみメニューも100円台から300円台まで豊富に揃っています。

また、500円の食事メニューもありますね。

汁なし坦々風蕎麦は、シメで食べて行く人もいるそうです。

 

f:id:TommyBackpacker:20190429104947j:plain

さて、今回の一番のお目当ては、店名にもなっている巻き串です。

値段は120円から180円まで。

f:id:TommyBackpacker:20190429105404j:plain

コルクボードのメニューにも巻き串メニューがあるので、見逃すと後悔しますよ!

 

ドリンク

f:id:TommyBackpacker:20190517174527j:plain

とりあえず420円の生ビールから。

おつまみにみそきゅ〜をいただきながらね。でも、このみそはわがままを言って、特別なみそでいただいてます。

f:id:TommyBackpacker:20190517174753j:plain


豆乳ハイ(320円)も飲んじゃいます。ボク、豆乳好きなんでね。

f:id:TommyBackpacker:20190517174851j:plain


自家製のコーヒー焼酎(300円)は25度。かなり強いので、水で割ってます。これが香りが良いのなんのって。お気にいりの一品です。

みたらし団子

f:id:TommyBackpacker:20190429105626j:plain

さて、この店メインの巻き串から。まずは気になっていた「みたらし団子」をいただきます。

f:id:TommyBackpacker:20190429105837j:plain


団子ひとつひとつに丁寧に巻かれた豚肉。その上にごまがふりかけてあります。なんだかかわいいですね。

みたらし団子って、よく考えれば醤油味じゃないですか。

醤油、豚肉、米って相性良いんです。そしてビールとの相性も意外に良いんです。口にするまでは頭のなかがハテナな感じでしたが、これには恐れ入りました。

皆さん!
騙されたと思って、一度は口にした方が良いですよ!!!

ピーマンチーズ

f:id:TommyBackpacker:20190429110221j:plain

そしてみたらし団子と一緒に注文した「ピーマンチーズ」

これはもうね、言うまでもなく想像できるでしょ?

ピーマンのなかにたっぷりチーズが入って、最高ですよ!

プチトマトと長ネギ

f:id:TommyBackpacker:20190429110446j:plain

続いては「プチトマト」「長ネギ」です。

ボク、トマト好きなんでね、こういうの興味を持っちゃうわけです。

トマトの酸味と甘さを、豚肉で包み込むように。うん、絶妙です。

そして、長ネギの方は、これが一番串焼き屋さんに近い一品なのかなという味です。ある意味王道で、ビールがすすみます。

しば漬け

f:id:TommyBackpacker:20190429110959j:plain

続いては変わり種と言っていいのかな?

「しば漬け」です。

しば漬けの塩っぱさを豚肉でセーブしている印象。そのまま食べたら塩っぱいですもんね、しば漬けって。これは良いと思います。

スポンサーリンク
 

にんにくとしいたけ

f:id:TommyBackpacker:20190429111313j:plain

写真手前が「しいたけ」、一番奥が「にんにく」になります。

この組み合わせがある意味一番好きな組み合わせかもしれません。だって酒場のメニューって気がしませんか?

ちなみに真ん中のプチトマトは、美味しくてもう一回注文しちゃいました。

のり明太子

f:id:TommyBackpacker:20190429111704j:plain

お次は「のり明太子」

実はこの商品、人気メニューなんだとか。その理由は肉肉しいところで、それもそのはず、のりを豚肉で巻いてあるので、他の食材より、お肉を堪能できるんですよね。

なんだかんだ言って、みんなお肉好きですから。

上に乗った明太子も可愛らしい色合いでグッドです!!

うずらの醤油漬け

f:id:TommyBackpacker:20190429112216j:plain

続いては、おつまみメニューの方もいってみましょう!

まずは「うずらの醤油漬け(350円)」

こちらの商品は、ぐるぐる特製で、自分のところで漬けているそうです。

味は優しい味わいで、全然塩っぱくないです。これはイケます!

長芋のピクルス

f:id:TommyBackpacker:20190429112713j:plain

続いては「長芋のピクルス(280円)」

ピクルス、いわゆる酢漬けですよね。長芋ってピクルスとして相性が良いんですね。びっくりしました。

巻き串の箸休めにピッタリな一品です。

バジル香るトリカラ

f:id:TommyBackpacker:20190517175131j:plain

バジルの香りが食欲をそそる、その名も「バジル香るトリカラ(380円)」。お求めやすい値段なんで、唐揚げ好きは注文しないと損しまっせ!

自家製ラー油の坦々風やっこ

f:id:TommyBackpacker:20190517175439j:plain

続いては「自家製ラー油の坦々風やっこ(270円)」

ピリ辛な坦々風の味付けに、ネギとナッツがいい役目をしています。

かもハム

f:id:TommyBackpacker:20190429112959j:plain

続いては「かもハム(300円)」です。

ボク、カモって日本であまり口にする機会ないんですが、美味しいんですよね。

ジューシーなかもハムは、玉ねぎを載せて辛子をつけて口に運びます。まあ、ココは自分の箸で、ぐるぐるに巻いて食べたいところです。

だってぐるぐるさんですからね!

巻き串ぐるぐるのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190429113344j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190429113345j:plain


今回ご紹介させていただいた「巻き串ぐるぐる」は、最近立石でお気に入りの酒場となりました。

それは立石特有のしきたりもなく、肩の力を抜いて飲める酒場だからです。そして味は抜群、値段も良心的、お店のオーナーの人柄も良いんですからね。言うことないですよ。

今後、混んでて入れないとかなっちゃうと、それはそれで寂しい気もしますが、いつまでも人々に愛されるお店が、ひとつでも多く立石の街に存在することを願って、今回は〆たいと思います。

巻き串ぐるぐるに乾杯!

巻き串ぐるぐる

住所:東京都葛飾区立石4-28-20 101
営業時間:15時30分〜23時、土日祝13時30分〜23時、日曜日のみ22時閉店など時間変更があり
定休日:火曜日
その他:オーナーの人柄が良い、全体的にゆるい雰囲気

 

せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

 
散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.