【閉店】絶品!立石で豚バラカレーとタコライスの「ソースポット」に満足!!

f:id:TommyBackpacker:20190315123228j:plain


皆さんごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

今回はせんべろの街として名高い、東京都葛飾区立石の街から、豚バラカレーとタコライスが美味しいお店を紹介したいと思います。

店名は「ソースポット(SAUCE POT)」

そのソースポットを紹介したい理由があります。

それは自宅でつくるカレーならともかく、豚バラを売りにしているカレー店は珍しいと思いませんか?

そしてカレーがメインなのに、なぜかタコライスも美味しいという、不思議なお店なんです。

皆さん、騙されたと思って、一度食べてみてください。
立石はなにもお酒だけの街じゃないんです!

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190313232013j:plain

場所は京成線立石駅の南口。アーケードの通りと、飲み屋さんなどが集う仲見世との間にあります。アーケード側には、オリジン弁当があるのでわかりやすいです。

f:id:TommyBackpacker:20190313232221j:plain

お店の外には黄色地のノボリと、ソースポットの看板メニューである、豚バラカレーとタコライスの看板が写真と共に掲げられています。

セットメニューもあります

f:id:TommyBackpacker:20190313232443j:plain

店内に入ると、豚バラカレーとタコライスの他に、普通のカレーライスがあることが分かりました。

そして追加料金を払うと、コールスローや杏仁豆腐とのセットメニューもありました。

  • 豚バラカレー 680円
  • タコライス 780円
  • カレーライス 500円

各大盛 100円、特盛200円の追加

 

f:id:TommyBackpacker:20190313232647j:plain

さらにお酒とお酒のつまみもありました。

どうやらちょい飲みも可能みたいです。

店内の様子

f:id:TommyBackpacker:20190313233938j:plain

店内は4人掛けのテーブルが2席と2人掛けのテーブルが1席。あとはカウンター席で、厨房には店主がひとりで対応しています。

BGMは店内にあるテレビの音声のみ。カレー店なので酔っ払った客も見かけず、静かでゆるりとした空気が流れます。

そして注目したいのは、店内の清潔さです。ソースポットはオープンして3年くらい経過しますが、大変綺麗なんです。その綺麗さは、厨房のなかも見れば分かります。酒場と違って揚げ物が少ないせいもありますが、店主の仕事っぷりの一面を伺えます。

肉厚な豚バラカレー

f:id:TommyBackpacker:20190313232816j:plain

まずは二大看板メニューのひとつ「豚バラカレー(大盛)」からです。

コレ、写真を見ると普通のカレーと変わらんのですよ。

f:id:TommyBackpacker:20190313233156j:plain

しかししかし、ルーに沈んだ豚バラをスプーンですくうと、ゴロッとした肉厚な豚肉が顔を出すんです。

家庭でつくる豚バラカレーって薄切りが多いと思うんですよね。しかしココはカレー専門店。そこは肉厚な豚バラを提供してくれるんですね。

しかも食感は柔らかくて、ジューシーなんです。立石は高齢者も多く住む街。そんな高齢の層の歯にも優しいカレーなんです。

f:id:TommyBackpacker:20190315124640j:plain


そんなことを意識したのか不明ですが、味付けはほんのり甘めです。正直、激辛カレーが好みの人の舌には物足りないかもしれません。

f:id:TommyBackpacker:20190313233741j:plain

そして店主こだわりのコシヒカリを使用したお米。このお米も甘みも美味しさを際立てているんだと思います。

スポンサーリンク
 

頷ける味のタコライス

f:id:TommyBackpacker:20190313234359j:plain

続いては二大看板メニューのもうひとつ「タコライス」です。

突然ですが、皆さんタコライスって口にする機会ありますか?

よくタコライスのことを、メキシコ&アメリカ料理のタコスと勘違いする人がいるんですが、タコスの具材をご飯の上に乗せた沖縄料理なんです。

僕もよく沖縄へ旅していたときに、那覇のアーケード街にある赤とんぼのタコライスを頬張っていましたよ。思い出すと懐かしいですね。

関連記事【那覇】旅人に優しい老舗の飲食店はコレだ!!

 

f:id:TommyBackpacker:20190313235116j:plain

そんなことを思い出しながら注文したのは、タコライスに100円プラスしたコールスローのAセット。

f:id:TommyBackpacker:20190315115825j:plain

コールスローは、ちょっと甘めの味付けです。

f:id:TommyBackpacker:20190315115941j:plain

さてメインのタコライス。

その具材は牛ひき肉のタコミート、千切りのチーズとレタス。そして玉ねぎが入ったトマトベースのサルサソースが、白いご飯の上にのっています。

f:id:TommyBackpacker:20190315120345j:plain

それらをスプーンで少しごちゃ混ぜにして食べるのがタコライス。

沖縄で食べたパンチの効いたタコライスと違い、優しい品のある味わいのタコライスで、素直にあぁ美味しいと思えました。

途中からタバスコをかけて、スパイシーな味わいを楽しむのがボク流です。

あとから聞いた話しですが、ソースポットのタコライスは美味しいと、立石界隈の酒場ファンにも好評のようですよ。

ソースポットのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190315120814j:plain

今回紹介した立石の「ソースポット」の二大看板メニュー、豚バラカレーとタコライス。僕はどちらも好きな一品です。

立石は何気にカレー店が多く、日本式のカレーを食べたいときは、ソースポットを利用しています。そしてカレーより旨いとの評判もあるタコライスは、一度口にしたらまた食べたくなる一品です。

また持ち帰りにも対応しており、実際に持ち帰りの注文をするお客さんの姿も多く目にしましたよ。

ソースポット

住所:東京都葛飾区立石1-20-6
営業時間:11時30分〜22時
定休日:月曜日

 


◇ソースポットと京成立石駅の位置関係

【注意】ソースポットは2019年春に閉店しました。 

散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

 
せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

 
スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.