立石の人気立ち飲み天ぷら店「れとろ」で揚げたて天ぷらからお刺身まで豊富なメニューに大満足!

f:id:TommyBackpacker:20190313114556j:plain


せんべろの聖地、東京都葛飾区の立石。

そんな立石の街に、安くて美味しくて、しかも揚げたての天ぷらを口にできるお店があるんです。

その名は「呑み喰い処 れとろ」

昭和の匂いがする呑んべ横丁の一角に、れとろはあります。

極狭な店内に多くの客が集い、たとえ知らない人通しでも会話は弾みます。そして店内に漂う油のいい香り。

今回はボクのお気に入りのお店のひとつを紹介します。

スポンサーリンク
 

 

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190313102211j:plain

場所は京成線立石駅北口に広がる「呑んべ横丁」の一角。京成線の線路側にあります。

立石駅前は再開発事業がすすみ、昨年(2018年)、呑んべ横丁の約半分が、惜しまれつつ取り壊されてしまいました。

れとろもあと数年後には……という状況のようです。酒場を愛するものとしては、ココが無くなったら、ホント寂しいかぎりです。


◇京成立石駅とれとろの位置関係

店内の様子

f:id:TommyBackpacker:20190313102935j:plain

れとろはご夫婦で営まれているようで、とても感じの良い接客をしてくれます。立石特有の老舗酒場の怖い主人の姿はありません。

そこに加えて、店内は呑んべ横丁特有の狭さ。逆にこの狭さと距離感で会話が弾み、とてもいい空間が生まれます。

席は基本的にはカウンターでの立ち食い立ち飲みスタイルになりますが、壁際に2人用の座席があります。

狭いゆえの工夫

f:id:TommyBackpacker:20190313110951j:plain

バッグなどの荷物は、S字フックをカウンターに引っ掛けてぶら下げます。狭い店内ゆえの工夫ですね。S字フックはカウンターに置いてあるので、慣れた人は当たり前のように利用しています。

メニュー

f:id:TommyBackpacker:20190313102732j:plain

卓上にあるメニューには、ドリンクと天ぷらなどのメニューが片面ずつあります。

そして本日のおすすめメニューが、ホワイトボードにあります。そのホワイトボードのメニューにもかなり興味をそそる料理があるので見逃せません。

ボクのおすすめ「ガリチュウ」

f:id:TommyBackpacker:20190313103524j:plain

まずはドリンクで一杯。

ビールは450円からで、サワー類は300円から豊富に揃っています。

そんなドリンク類から、ボクのお気に入りはガリが入った「ガリチュウ」です。生姜の味を楽しみつつ、ガリの甘さもしっかりと染み出し、つまみにガリをかじることもできます。

飲み終えたら、酎ハイだけを足すことも可能ですよ。

大きい海老とキスの天ぷら

f:id:TommyBackpacker:20190313103913j:plain

天ぷらは100円台から300円台まで豊富に揃っています。

そんな多くのメニューのなかから、まずは大きな海老(250円)とキス(180円)です。やっぱり魚介の天ぷらから口にするのが、ボクのスタイルです。

特に海老は大好物。れとろの海老の天ぷらはホントに美味しいのでおすすめです。

野菜の天ぷら

f:id:TommyBackpacker:20190313104658j:plain

魚介を口にしたら、野菜類にいきます。

ボクの大好物、なすの天ぷらをはじめ、野菜類は120円と良心的な価格で嬉しいかぎりです。

カニカマの天ぷら(3本200円)も個人的にはおすすめですよ。昨今カニカマは筋肉をつくる「アスリート飯」として世界的にブームですからね。れとろなら揚げたてで口にできます。

ガツンと紅生姜天ぷら

f:id:TommyBackpacker:20190313105143j:plain

ガツンとした刺激がほしければ、紅生姜とエノキ天ぷら(2個300円)がおすすめ。口内に広がる紅生姜の香ばしい香りとエノキの食感、こりゃたまらんです。

食感が良いマッシュルームの天ぷら

f:id:TommyBackpacker:20190313105522j:plain

ホワイトボードメニューから、マッシュルームの天ぷら(◯◯◯円)もおすすめです。

一口噛むと、ほのかに香るマッシュルームのいい香り、そして食感がなんとも言えないんです。

好きな人にはたまらないパクチーの天ぷら

f:id:TommyBackpacker:20190313105803j:plain

近年のパクチーブームから、色んな飲食店でパクチー料理を目にすることが増えましたが、れとろではパクチーの天ぷら(◯◯◯円)もあります。

パクチー好きにはたまらない一品です。ボクは天つゆではなく、塩で食べるほうが好みです。

スポンサーリンク
 

一品料理もあります

f:id:TommyBackpacker:20190313110126j:plain

天ぷらの箸休めにちょうどいい、一品料理も豊富に揃っています。

たとえば厚揚げキムチ乗せ(◯◯◯円)。万能ねぎと一緒に口にすると美味しいです。

f:id:TommyBackpacker:20190313110336j:plain

玉ねぎスライス(250円)もシャリシャリとした食感が楽しめて美味しいですよ。

なんと!お刺身もあります

f:id:TommyBackpacker:20190313110539j:plain

天ぷら屋さんなのに、新鮮なお刺身も食べられます。これがれとろの特徴でもあります。

写真のお刺身は盛り合わせですが、一品刺し身もあるので、気軽に注文できます。価格はいずれも良心的ですが、時期や種類によって変動するので、お店へ行ったときに確認してください。

刺し身メニューは、ホワイトボードに書いてあります。

れとろのまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190313111229j:plain

今回ご紹介させてもらった呑んべ横丁の「れとろ」ですが、その狭さも相まって、連日多くのお客さんで賑わっています。はっきり言って人気店です。

だって揚げたての天ぷらを安く美味しくいただけるわけですからね。そこに加えて店主の人柄と、泥酔客が来ないので、客の質もいいと思います。

そして天ぷらは野菜類が100円台から、サワー類は300円台からあるので、せんべろも十分可能です。ちょっとだけ揚げ物を口にしたいなぁ……といった利用も可能なんです。

立石で天ぷらなられとろ一択。

呑んべ横丁とれとろがあるかぎり、ボクは通い続けます。

呑み喰い処 れとろ

住所: 東京都葛飾区立石7-1-14 
営業時間:18時〜0時
定休日:基本水曜日
その他:基本キャッシュオン方式、持ち帰り可能 

散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌]

 
せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

せんべろ酒場ぶらり巡礼 (DIA Collection)

 
せんべろ酒場 ぶらり旅

せんべろ酒場 ぶらり旅

 
スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright ©2019 バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.