バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



バンコクのビアホールレストランでショーを見ながらクラフトビールを楽しむ過ごし方

f:id:TommyBackpacker:20180930125952j:plain


バンコクならではのはずが、今まで行ったことのない飲食店があった。

それはエンターテイナーのショーを見ながら飲むビアホールだ。

店名は「Tawandang」

今回はタイ在住の友人S君のすすめで共に向かったが、ネタも豊富で想像したより圧巻なステージだった。

 

スポンサーリンク
 

 

アクセスと外観

 f:id:TommyBackpacker:20180930103847j:plain

 
最寄り駅はMRTのクローントゥーイかチョンノシーだと思うが、どちらも駅から4〜5km離れており、徒歩で向かうのは現実的ではない。


f:id:TommyBackpacker:20180930110017j:plain


タクシーで向かうなら問題ないが、公共の乗り物で向かう場合は、高速交通システムのBRTを利用すると便利。

BTSのチョンノシー駅と連絡通路で結ぶ、サトーン停留所から4つ目「Nara-Ram3」で降車すると目の前だ。

◇サトーンとTawandangの位置関係

僕らは人気店「アーノルズブッチャーステーキ」で熟成肉を楽しんだあと、タクシーで向かった。

▷▷▷とっても美味しい「アーノルズブッチャーステーキ」の熟成肉の詳細記事はこちら
 

入口

f:id:TommyBackpacker:20180930110718j:plain


足を運んだのは週末の22時ころ。空席を待つ人々で入口は混雑していた。カウンターで人数を告げると、順番を待った。

f:id:TommyBackpacker:20180930110945j:plain
◇ショーのプログラムだろうか? 有名な人もしばしば出演するらしいです

 

広大な店内

f:id:TommyBackpacker:20180930111107j:plain

店内に入ると、それはもう広大なスペースでびっくりした。1階と2階に分かれたビアホールは、ライブ会場といってもいい。

f:id:TommyBackpacker:20180930111357j:plain

いや、ここはビアホールでもあり、ライブ会場でもあるのだ。


f:id:TommyBackpacker:20180930111523j:plain

ステージでは次から次へと、演者のパフォーマンスが続いている。そして客はこの店自慢のクラフトビール、いわゆる地ビールを楽しむというわけだ。

 

スポンサーリンク
 

クラフトビールの味

f:id:TommyBackpacker:20180930111728j:plain

そこで問題はクラフトビールとなる。

店内には巨大なビアタンクもあり、正真正銘なクラフトビールだが、これがまずいのである。いや、僕の口に合わないのかもしれない。飲めば飲むほど、頭が痛くなってくるのだ。

「ビールは普通なんだけど、まあいいじゃん。ショーを楽しむところだから」

店へ向かう前に、友人S君が言った台詞を思い出した。

f:id:TommyBackpacker:20180930114651j:plain

ビールのついでに言うと、フライドポテトはまあまあだが、枝豆は美味しくない。

あれ、これってディスってる?

いいの、いいの、ショーを楽しむところなんだから。

 

クラフトビールをタワーで飲む

f:id:TommyBackpacker:20180930221111j:plain

タイの酒場といえばタワーサーバーを想像する。数人で行けば、タワーで注文する。それがタイ旅行の気分を高めるというもの。

ただし、樽からタワーに一回注いだビールを、さらにグラスに注ぐ飲み方は、絶対風味が損なわれている気がするんだけど……

まいっか、そんなの。

 

誕生日を祝ってもらえる

f:id:TommyBackpacker:20180930112721j:plain

ショーを楽しんでいると、突然バースデーソングを歌うエンターテイナーの方々。なんぞやと思うと、大きなプラカードを持ったスタッフが客席まで来て祝ってくれる。そう、誕生日のお客さんを楽しませてくれるサービスがあるのだ。

f:id:TommyBackpacker:20180930114029j:plain

サービスはそれだけではなく、店のスタッフもステージに上がり、ダンスを披露する。とにかくサービス精神に溢れているのだ。よって客も楽しく、盛り上がるということなんだろう。

f:id:TommyBackpacker:20180930115038j:plain

そのせいか、客から演者へ次から次へとチップを支払う光景を目にする。

「はい、百バーツ。ほらまた百バーツ。また百バーツ」

一体一晩でいくら稼いでいるのか気になるところだが、ステージ際で見ていると、酔った勢いもあって、払いたくなる気分が少し分かる。

 

【動画版】Tawandangのショーの様子 

 

まとめ

 

f:id:TommyBackpacker:20180930114930j:plain

今回初めて訪れたバンコクのビアホールだったが、料金の目安と良かったところ、注意点をまとめてみたい。

料金の目安

・ビール 500ml 150THB
・ビール5杯+枝豆+フライドポテト=1,200THB

良かったところ

  1. エンタメ性に溢れている
  2. 店内で踊れる
  3. 料理が豊富
  4. 日本語で歌う日本の歌謡曲もある
  5. タイ人の週末の過ごし方の一部を見られる

注意点

  1. ビールがいまいち
  2. 週末は混んでいる
  3. 一人じゃ辛い

 

友人のS君曰く、タイの東北イサーン出身の人が多く集うらしく、曲もイサーンの曲を多めに演奏するとのこと。

平日仕事に汗を流し、週末はビールを飲んで、ダンスをして、開放感に浸る。そんなタイ人の日常を垣間見ることができた。

そして旅行者は、友人と数名で来て、クラブはちょっとなぁ……という人には、もってこいのビアホールだと思う。

Tawandang

住所:462, 61 Rama III, Khwaeng Chong Nonsi, Khet Yan Nawa, Krung Thep Maha Nakhon 10120 タイ
営業時間:17時〜1時
定休日:不明

 

るるぶタイ バンコク・アユタヤ'19ちいサイズ (るるぶ情報版 A 9)

るるぶタイ バンコク・アユタヤ'19ちいサイズ (るるぶ情報版 A 9)

 

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.