バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



タイで皮膚や肌のトラブルに効いたタイガーバーム

f:id:TommyBackpacker:20181111180408j:plain

突然ですが、渡航先で皮膚や肌のトラブルになった人はいませんか?

僕は今回の渡航先タイで、そのトラブルにあいました。
と言っても、渡航前の日本でその兆候があったんですが、タイで悪化してしまったんです。

そんなとき、役にたったのが「タイガーバーム」でした。今回はそんなタイガーバームと薬のはなしです。

 

スポンサーリンク
 

 

症状

f:id:TommyBackpacker:20181111172631j:plain

症状は二の腕部分。

原因は安宿のベッドとかではなく、日本のネットカフェのマットと思われます。ネットカフェを利用した直後に、赤みのブツブツが両方の二の腕を襲いました。かゆみも出て、かなりしんどい旅です。

薬局の薬

f:id:TommyBackpacker:20181111172912j:plain

そこで街にある「watsons」というドラックストアで薬を購入しました。

「Systral Cream」という塗り薬です。10g入って48THB、日本円で約160円。タイの薬は安いです。

タイでは薬剤師を通さないと薬の購入はできません。症状を伝えると、適切な薬を処方してくれます。今回はタイ語を喋れる友人を通して購入しましたが、片言の英語や、翻訳アプリなどを利用して購入することも可能です。

ただし……

この塗り薬、一日二回塗るんですが、全然効き目がないんです。塗った直後に、ややかゆみが緩和されるくらいでした。

スポンサーリンク
 

タイガーバーム

f:id:TommyBackpacker:20181105214734j:plain

そこで頼ったのは、タイガーバームでした。

タイガーバームはスーパーなどで1個50THB(約170円)で売られています。なお、タイガーバームは薬剤師を通さなくて買えます。

 

タイガーバームとは?

f:id:TommyBackpacker:20181111173930j:plain

そもそもタイガーバームとは?

知らない方に簡単に説明しますと、シンガポールで製造、販売されている軟膏で、タイに限らず東南アジアでよく見かける塗り薬です。

日本でも龍角散が販売していましたが、2015年に他社へ製造販売承認を継承してから、製造販売はされず、日本製品としてのタイガーバームは事実上入手不可能となりました。

肩こりや筋肉痛にも効くと、おじいちゃん、おばあちゃん世代なら、誰もが耳にした商品だと思います。

メントールが入っているため、塗るとすっーとして、気持ちがいいんです。

症状の結果

f:id:TommyBackpacker:20181111174509j:plain

そんなタイガーバームを塗った結果、翌日には症状は和らぎました。

赤く腫れ上がった二の腕は、すっ〜と腫れがひき、かゆみもほぼなくなります。そしてタイガーバームを塗りはじめてから三日後には、腫れもかゆみもなくなりました。

恐るべしタイガーバームのチカラです。

 

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20181111174940j:plain

日本のドラックストアなどで購入できなくなったタイガーバームは、東南アジア旅行のお土産としても最適です。何より荷物にならないところもいいです。

僕は蚊などの虫刺されにも使用していますよ。

ただし効果は個人差があるので、注意してください。そして冒頭で紹介した「Systral Cream」に関しても、個人によって効果は違うと思うので、よく薬剤師に相談のうえ購入ください。

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.