【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 ’14

20150319210214 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

20150319210036 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

2014.12.29(初日)
イミグレーションを何事もなかったのようにすんなり通過して出口を出ると、規模は小さいが思ったより綺麗な空港だった。夜の11時を回っているのに人出は多く、少々の活気がある。

日本はラオスにとって最大の援助国

20150320183935 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

空港の外へ出るとラオス国旗と日本国旗が。どうやらこの石碑は2011年のワッタイ国際空港のターミナル拡張のインフラ整備に日本が貢献して造られたみたいだ。日本はラオスにとって世界最大の援助国であり、2012年時点で1584億円(有償含む)の資金協力と607億円の技術協力を行っているそうだ。そして、2015年は日本とラオスの外交関係樹立60周年にあたるそうで、その機会にラオスへ訪れることができてなんだか縁があるのかなとも思う。

さて、空港に到着したらホテルのある市街地まで移動をしなければならない。そのホテルは予め日本からアゴダを利用して予約をしておいた。理由は翌朝にバンビエンへ向かうため、初めて訪れるラオスで夜遅い宿探しはしんどいからだ。さらに年末年始の海外宿事情が分からないのももう一つの理由だった。

空港から市街地へ

僕が事前に調べた「地球の歩き方」の情報によると、空港から宿のある市街地へはタクシーで約10分で料金は7$(約840円)だった。しかし僕にはUSDがなかった。それにはちょっと理由があり、隣国タイの通貨「タイバーツ」が使える情報を目にしていたからだ。前回マレーシアからタイへの旅で余ったタイバーツがここで活きてくる。料金は240B(約850円)。約10分少々の乗車で240Bとはちょっとお高い。タイだったら40〜45分くらい乗車できる料金だ。ラオスの交通機関は高いのだろうか。

節約をしたい人は空港前の大きな道を直進し、大通りでトゥクトゥクをつかまえた方がいいだろう。帰りはトゥクトゥクで市街地から空港まで行ったが、料金は40,000K(キップ)日本円で約590円で交渉成立できたので、大通りから乗車できればもう少し安くなるはずだろう。さて、空港出入口付近のタクシーカウンターにて、予約をしている今夜の宿「ニューラオパリスホテル」を告げると、一人の男がタクシーへ案内をしてくれた。


・タクシー料金:240B(約850円)
ワッタイ国際空港→市街地 ナンプ(噴水)周辺


20150319210147 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

情報通りに約10分後に降ろされた場所は、とても首都・ビエンチャンの中心部とは思えないほどの街並みと静けさで「ほんとうにここであっているのか?」と思えた。しかしタクシー運転手は「ここで間違いない」と言わんばかりに指をさすのであった。


◇ワットタイ国際空港と市街地にあるニューラオパリスホテルの位置関係

20150319210104 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

空港から乗車したタクシー運転手が指をさした先には、今夜の宿「ニューラオパリスホテル0 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14があった。扉を開け中に入ると、夜も遅いせいか一人の青年がソファで寝ていた。その青年を睡眠からお越し、iPhoneに保存していたネットの予約画面を見せチェックインが終了。鍵を渡され「5階」の一言。どうやら部屋への案内はないみたいだ。5階への移動は階段のみで、エレーベーターはなし。これがとてもしんどい。

スポンサーリンク

 

ニューラオパリスホテルの内部は?

20150319210249 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

階段で5階へ上がると、正面が屋上テラスで、その手前にある両サイドの部屋が客室になっている。どうやら5階のフロアだけが2部屋のみの造りのようだ。

20150319210214 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

部屋に入ると清潔で大きなダブルベッドが見えた。そして落ち着いた雰囲気のよい内装に納得をした。

20150319210228 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

そしてテレビ、クローゼット、机と椅子が備え付けであった。そのテレビのスイッチを入れると映りが悪かったが、そもそもラオ語を理解できないから構わなかった。

 

スポンサーリンク

 

ニューラオパリスホテルの感想

20150319210307 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

1泊するだけのホテルにしては贅沢なくらいの宿だった。翌朝にはバンビエンに向かうのでドミトリーも考えたが、夜遅い到着を考慮し、何より風邪で体調不良のため結果1人部屋でよかった。また、窓ガラスの建付けが少々悪いところがありテープで補修していたが、ヴィエンチャンの夜は静かで外からの音は気にならなかった。そして、この時季のラオスは夜が少々冷えるのだが、冷気が部屋に入ってくることもなかった。

20150319210325 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

ヴィエンチャンの夜は早い。宿の向かいにあるコンビニは0時で閉まる。閉店間際にラオスのビール「ビアラオ」を急いで購入し一杯飲むと、明日に備えて就寝した。

ニューラオパリスホテル(New Lao Paris Hotel)
住所:Unit 118,Sieng ngeum Village,Chanthavouly District Vientiane City Center/Vientiane/Laos
料金:20USD/1泊
設備:ダブルルーム エアコン付 シャワー・トイレ室内 ホットシャワー 水圧良好 Wi-Fi完備 石鹸付

Booking.com|ニューラオパリス|宿泊予約・レビュー・空室確認 0 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

20150322171032 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

2014年12月30日、旅の2日目。初めて訪れる場所が夜になると、翌朝街の姿が現れたときの新鮮さが印象的だ。そして初めて対面するラオスの朝日。人はなぜ太陽や水辺に惹かれるのであろう。我々は水の中から生まれ、水を体内に抱え生き、身体が水を求めるように知性も感性も水を求めるのだろうか。そして陽の光も。

ビエンチャンの朝

20150322171053 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

ビエンチャンの街を歩くと、高い建物は見当たらず、ここが本当に首都なのかと感じる。

 

20150322171109 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

宿泊している「ニューラオパリスホテル」の裏手を歩くと、ガイドブック等でよく目にする「ナンプ広場」があった。

 

20150322171124 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

僕は広場とつくからにはもっと自然な感じを想像していたが、噴水の周りを飲食店が囲んでいるだけだった。

20150322180955 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

そしてナンプ広場の横には、カラフルなビニール袋が山積みされていた。なんだこれはと覗いてみると、多くの野菜が入っており、これから野菜の販売が行われることだと納得をした。

 

ラオスの朝はパンで始まる

20150322171140 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

軽い散歩を済ますと宿の近くに美味しそうなフランスパンの店を発見した。ベトナムでも「バインミー」という名のバケットサンドがあるが、ここラオスでもフランス統治時代の名残でバケットサンドがある。

20150322171156 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14
◇ショーケースに並ぶフランスパン。見るからに美味しそうです

20150322171207 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

料金と種類を見ると、サイズはスモールとビッグの二種類あり、ビッグサイズは丸々一本で食べきれないことを予想して、スモールサイズを注文した。パンに挟む中身はツナを選び、料金は10,000K(約145円)。安いものである。

20150322171226 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14
◇パンの間にはツナと酢漬けの野菜、そして東南アジア名物パクチーが挟まれていました

ラオスという国名はフランス語で「Lao=ラオ族」を指し、その複数形で「Laos」という言葉ができたとか。つまりラオスという国名自体、フランス史の産物になっている。
バケットサンドの味の方は、文句なしで美味いの一言。ツナを入れたのでツナサンドなのだが、酢漬けの野菜の酸味と口に広がるパクチーの香りがたまらない。スモールサイズでも食べごたえ十分で、日本人にちょうど良いサイズなのではと感じた。ベトナムもそうだが、ラオスへ訪れた際には、ぜひ「バケットサンド」は食べたい一品である。

2016年12月再訪しました

20170205083139 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

あれから2年、同じ店に再び訪れました。料金と種類を見ると、あの時と変わっておらず、ホッとしました。そして注文した品も変わらず、ツナのハーフサイズ。味も2年前と変わっておらず、その当時旅した時を思い出しました。旅を振り返る時、食事でその当時を思い出す事がありますが、まさにそんな体験ができました。ラオスのバケットはベトナム同様に美味しいですね。

▼ビエンチャンの宿泊は「ハヨソケゲストハウス」がおすすめです

Booking.com|ハヨソケゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認 0 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

gifbanner?sid=3224669&pid=884126785 - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14Agoda.com|ハヨソケゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

517stTBg7qL. SL160  - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

51zL Lng8BL. SL160  - 【ラオス】ヴィエンチャンの中級宿「ニューラオパリスホテル」宿泊記 '14

ジジ&ババのこれぞ!世界旅の極意―ラオスには何もかもがそろっていますよ

スポンサーリンク

 
 
カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ホテル情報 ラオス

コメントを残す

*