バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



本場中国の小肥羊(シャオ フェイ ヤン)で火鍋と1杯3千円の白酒を楽しむ

f:id:TommyBackpacker:20190307170628j:plain


皆さんごきげんいかがですか。
トミー(@tommybackpacker)です。

皆さん、突然ですが本場中国発祥の火鍋専門店の「小肥羊 (シャオ フェイ ヤン) 」を知っていますか?

僕は以前から知っていましたが、この度念願叶って初めて口にすることができました。

感想は納得のできる味でしたが、何よりも初めて口にした「白酒」に度肝を抜かれました。

今回はそんな小肥羊の体験記になります。

スポンサーリンク
 

 

小肥羊の場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20190307155653j:plain

向かった場所は上野公園店。上野駅や京成上野駅、御徒町駅から徒歩圏内です。

ちなみに小肥羊は日本でチェーン展開しており、東京では上野公園店の他、新宿、渋谷、赤坂、銀座、品川で営業をしています。

f:id:TommyBackpacker:20190307155905j:plain

ビルは1階にコンビニが入った飲食店ビルになります。その3階にあるのが小肥羊です。


◇小肥羊の位置関係

店内の様子

f:id:TommyBackpacker:20190307160316j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190307160318j:plain

画像:小肥羊公式サイトより


店内は落ち着いた雰囲気と、高級感のあるインテリアが特徴的です。庶民的な火鍋店というよりは、もう高級店の部類です。

f:id:TommyBackpacker:20190307160453j:plain
画像:小肥羊公式サイトより

今回は学生時代の友人らと利用しましたが、途中から人数が増えると、個室に案内されました。4人以上の利用になると、個室のほうが落ち着くかもしれません。

主なメニュー

f:id:TommyBackpacker:20190307160821p:plain

単純に火鍋だけを楽しみたいなら、1人前2,980円からのコースがあります。これだけを見ると、高級店ではないですね。庶民的です。

f:id:TommyBackpacker:20190307160822p:plain

3,980円や4,500円のコースもあります。

メニューを見ていると、どうやらラム肉押しのようです。

単品メニュー

パクチーサラダ:550円

f:id:TommyBackpacker:20190307161349j:plain

まずは単品メニューからということで、パクチーサラダ(550円)を注文。シャキシャキの食感が楽しめ、香り、味ともに抜群でした。

鶏のネギソース:630円

f:id:TommyBackpacker:20190307161641j:plain

続いては鶏のネギソース(630円)。

ネギの香りと中華風味の鶏肉。これは間違いないやつですね。

ハチノスとミミガーの辛味和え:580円

f:id:TommyBackpacker:20190307162011j:plain

なんとハチノスとミミガーのコラボ料理。決してゲテモノではないですが、苦手な人は苦手でしょう。ちょっと臭みもありますしね。

火鍋は大鍋で白湯と麻辣スープの2種類

f:id:TommyBackpacker:20190307162228j:plain

さてメインの火鍋は大鍋で、白湯と麻辣のスープを2種類を楽しみました。料金は2,500円になります。

f:id:TommyBackpacker:20190307162518j:plain

お肉は高級ラム肉の並皿(1,280円)や高級和牛肉(2,500円)などを楽しみました。ちなみに普通のラム肉だと650円からあり、良心的な料金設定です。大勢で割り勘なので、今回は高級まつりになりました。

野菜類

f:id:TommyBackpacker:20190307162953j:plain
f:id:TommyBackpacker:20190307162956j:plain


各野菜は単品で350円から480円で豊富に揃っています。なお季節の野菜盛り合わせは1,500円でした。

f:id:TommyBackpacker:20190307163209g:plain

火鍋を口にしたことがある人は分かると思いますが、辛いのが苦手な人は白湯へ。辛いのが好きな人は麻辣へ。各方の箸が交差して面白いですね。

スポンサーリンク
 

はじめての白酒

f:id:TommyBackpacker:20190307163537j:plain

さて今回初めて口にしたのが「白酒」でした。読み方はパイチュウと呼ぶらしいです。パッケージは殺虫剤のようですが、中国の蒸留酒とのことで、値段はショットグラスでなんと1杯3,000円です。

サササッサンゼンエン?

ちなみにボトルだと500mlで28,000円と、これだけで高級酒だと分かります。

f:id:TommyBackpacker:20190307163940j:plain

ということで酔った勢いで注文しちゃいました。

といっても1杯頼んで、みんなで回し飲みです。

感想は味はウイスキーのようで、香りはシンナーのようでした。喉を通し、鼻から息を抜くと、いい感じにふわっとします。

これ、なんで高いんでしょうか。あまり生産されてないからでしょうか。まあまあ美味しかったですが、これならウイスキーでいいかなって感じです。話のネタとしてはいいですね。

小肥羊 (シャオ フェイ ヤン)のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20190307162228j:plain

今回初めて利用した「小肥羊 (シャオ フェイ ヤン) 」でしたが、納得のできる食事となりました。

学生時代の友人との集まりは、なぜか火鍋になるケースが多いんですが、火鍋ってそもそも味がそんなに変わらない気がするのは気の所為でしょうか。具材は各店の個性が出ている気がするんですけど……。

それでも火鍋で本場中国のブランドって武器だなと思った、今回の小肥羊体験でした。

それにしても大勢で行っても飲み放題がないので、1人1万円超えですよ。皆よく飲むのでね。今度は2人くらいの食事メインで来たいと思います。

小肥羊 (シャオ フェイ ヤン)

住所:東京都台東区上野2-14-31 レイクサイドビル3F
営業時間:11時30分〜23時30分
定休日:不明
特徴:日本語がうまく伝わらない店員が多い、飲み放題がない、喫煙は外のベランダ

 

スポンサーリンク
 

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.