バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)香港国際空港店でタンタン麺と小籠包!お得なモーニングに驚いた!!

f:id:TommyBackpacker:20180809093341j:plain


香港で食べたい一品があった。それは翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)のタンタン麺と小籠包だった。

翡翠拉麺小籠包とは、シンガポール発祥の人気中華チェーンレストラン。香港島と九龍サイド合わせて10店舗以上存在している。その中で滞在したホテルから近い尖沙咀(チムシャーツイ)店へ行こうと思っていたが時間があわず、帰国の日の朝に、空港店へと足を運んだ。

>>>香港の翡翠拉麺小籠包(クリスタルジェイド)のWEBサイトはこちら

続きを読む

下川裕治さんの新刊『週末ちょっとディープなベトナム旅』レビュー

f:id:TommyBackpacker:20180802225523j:plain

 

旅行作家の下川裕治さんの新刊『週末ちょっとディープなベトナム旅』が、朝日新聞出版より2018年3月に発売された。

 

週末ちょっとディープなベトナム旅 (朝日文庫)

週末ちょっとディープなベトナム旅 (朝日文庫)

 


下川さんのベトナム本といえば、2014年3月に発売された、『週末ベトナムでちょっと一服』を思い出す。その著書のなかで、首都ハノイとホーチミンを中心に、ベトナムの魅力を紹介してくれた。そして実際にベトナムの風を感じに旅に出たことを思い出した。

あれから四年の月日が流れた。週末ベトナムシリーズ続編ともいえる下川さんの新作が読めるとは、自分の旅と重ね合わせ、感慨深いものがある。

今回は遅ればせながら、レビューをお届けしたい。

続きを読む

香港の朝食!粥と揚げパンの九龍サイド老舗店の食べ比べ

f:id:TommyBackpacker:20180728151654j:plain


日本で粥のイメージといえば、病人が口にする食べ物。僕のそんなイメージを払拭したのが、アジアに流れる粥文化だった。その文化に触発され、様々な国の様々な粥を口にするのが、旅の目的のひとつにもなった。

今回滞在した香港でもそれは変わらず、朝食は粥を口にすると決めて、九龍サイドの老舗店に足を運んだ。すると同じ香港の粥店でも、こんなにも違うものかと、アジアに流れる粥文化の奥深さに感銘を受けた。

続きを読む

香港油麻地にある地味なローカル点心レストランの「喜運點心房」でひとり飲茶

f:id:TommyBackpacker:20180722094740j:plain


香港でひとり飲茶。香港の旅に慣れた人なら、そう難しいことではないが、最初は勇気がいる人も少なくない。そしてそれが行列のできる人気店となると、グッとハードルが高く感じる。

そこで今回入った小さな飲茶レストラン。地味な佇まいに観光客は皆無だが、ちゃんと英語表記のメニューも存在し、オーダーは注文用紙に数字を書くだけの、外国人旅行者に優しい店だった。

店の名は、「喜運點心房 (Hei Wan Dim Sum Specialist)」

夜の九龍サイドへ向かった。

続きを読む

香港人に教えてもらった!中環にある一楽焼鵝でチキンライスを喰らって蘭芳園でミルクティー

f:id:TommyBackpacker:20180719154641j:plain


我が家で営むAirbnbの香港人ゲストに、どこか美味しい飲食店を教えてと聞いたところ、中環(セントラル)にあるチキンライスという答えがかえってきた。早速インターネットで調べてみると行列のできる人気店ということが分かった。

名前は「一楽焼鵝 (Yat Lok Restaurant)」

焼鳥ではなく焼鵝とは、ガチョウという意味。ニワトリではなく、ガチョウのチキン屋だ。そしてミシュランの一つ星を得ている世界から認められた味の名店。人気すぎて今さら感もあったが、地元の人が旨いというんだから足を運んでみた。

続きを読む

香港島の行列のできる人気店!勝香園(Sing Heung Yuen)のトマトラーメンとハニー&レモンブレッドが絶品!!

f:id:TommyBackpacker:20180717151634j:plain


香港で食べたい一品があった。それは香港島にあるトマトラーメンだ。事前の情報によると、メインのトマトラーメンもそうだが、パンも美味しいとのこと。そして香港特有の坂の途中にある店のロケーションもいいらしい。期待をして向かった。

続きを読む

香港のホテル|重慶大厦のAPPLE HOSTELは早朝でもチェックインOK!

f:id:TommyBackpacker:20180717115733j:plain

 

今回の香港旅の拠点は、僕の定宿、尖沙咀(チムサーチョイ)にある重慶大厦(チョンキンマンション)にした。

我が家で営むAirbnbの香港人ゲストからは、「あそこ大丈夫ですか?」と聞かれる始末だが、安さと立地の良さから、結局重慶大厦に落ち着いてしまう。

そんな重慶大厦には、多くのホテルが存在しており、宿選びに苦労する。過去を振り返ると、初めての香港旅は、飛び込みで宿探しをしたものだったが、今や渡航前にインターネットでじっくり品定めをするようになった。

そのなかで選んだ今回のホテルは、

「APPLE HOSTEL」

重慶大厦B座の7階にあるホテルだった。

続きを読む

香港の茶餐廳|尖沙咀の翠華餐廳でミネストローネの朝食セットが美味しかったのでおすすめできるッ!

f:id:TommyBackpacker:20180715230803j:plain


香港で気軽に食事をするなら茶餐廳(チャーチャンテン)、いわゆる日本でたとえるならファミレスのような飲食店が便利だ。だが、その味はというと、香港特有のはっきりしない味付けに、首を傾げたくなることが多かった。

それでもその利便性から、ついつい足が向かってしまうのが茶餐廳。今回宿泊した重慶大厦(チョンキンマンション)からすぐ近くの茶餐廳のモーニングを利用したところ、思いのほか美味しかったので紹介したい。

続きを読む

絶品!押上の竹末東京Premiumの鶏ホタテそばと黒トリュフ&チーズライスに感動

f:id:TommyBackpacker:20180707152857j:plain


食べログの百名店ラーメンTOKYO2018に選ばれたひとつ、「竹末東京Premium」に、先日行ってきました。ネットで事前に調べてみると、栃木の人気名店グループが東京に進出したとのことで、楽しみに向かいました。

続きを読む

行列必至!外国人旅行者に人気の浅草牛かつの感想

f:id:TommyBackpacker:20180705122954j:plain


近年、街を歩くととある文字をよく目にする。

それは「牛かつ」の文字だ。

牛かつとは、スライスした牛肉に、パン粉をつけて油で揚げた料理。いわゆるビーフカツやビーフカツレツと呼ばれる料理である。

これ、いつから牛かつと呼ぶようになったのだろうか。その牛カツ専門店が、いま外国人旅行者に人気になっているということで、行列必至の人気店が浅草にあるということで実際に足を運んでみた。

続きを読む

微妙な味の料理と少ないトイレの数に翻弄される香港の旅

f:id:TommyBackpacker:20180705084308j:plain


先月の中旬、香港にいた。羽田からLCCの香港エクスプレスに乗った。久しぶりの深夜便だった。
 
最近旅に出るのが憂鬱になってきた。現地へ行ってしまえば楽しいが、家を出る前から空港へ移動する間の気分が晴れない。旅に慣れてしまって、特別感が薄れているのかもしれない。
 
そこに加えて体が辛い深夜便。安さに負けた代償で、気分に追い討ちをかける。
 
対処法として睡眠導入剤を購入した。通常より安いジェネリックの睡眠導入剤。搭乗時間の手前になると、ペットボトルの水で二粒流しこんだ。
 
フライト時間は約四時間。睡眠導入剤のおかげで、あっという間のフライトだった。
 

釜山金海空港|SKY HUB LOUNGEをプライオリティパスで利用しました

f:id:TommyBackpacker:20180701184646j:plain


世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパス。今回は釜山の金海(キメ)空港にある、SKY HUB LOUNGE (スカイハブラウンジ) を初めて利用してみました。

金海空港はコンパクトな空港なので、ラウンジもコンパクトな造りとなっていましたが、そこは安定のSKY HUB LOUNGE。料理やドリンクメニューに不満はなく、ゆっくり寛いでから東京への帰路につきました。

それでは、金海空港のSKY HUB LOUNGEリポートです!

続きを読む

【釜山】金海空港から西面へ地下鉄での行き方

f:id:TommyBackpacker:20180630103316j:plain


今回のエアプサンで行く釜山旅。金海空港に到着すると、釜山の繁華街、西面(ソミョン)へ移動した。移動方法は地下鉄、バス、タクシーの三種類あったが、時間も計算できて、安価な地下鉄での移動を選択した。

地下鉄での移動方法は次の通り。

まずは、

1. 空港駅から金海(キメ)軽鉄道に乗って沙上(ササン)駅へ移動

2. 沙上駅で地下鉄2号線に乗り換えて西面駅へ

 

乗り換えは一回で、所要時間は約25分。釜山は中心地と空港が近くて便利だ。

続きを読む

エアプサンはLCCなのに快適!成田ー釜山線のチェックインから機内食まで徹底レポート

f:id:TommyBackpacker:20180628120305j:plain

今回初めて訪れた韓国・釜山。利用した航空会社は、これまた初めて利用したエアプサンだった。

エアプサンとは、アシアナ航空が出資している韓国のLCC。東京・成田からLCCを利用して釜山へ向かうには、エアプサンとチェジュ航空の二択になると思うが、今回はたまたまセールが開催されていたので、エアプサンを利用することになった。

そして搭乗の日ーー。

あら、エアプサンってこんなに快適だったの?
LCCじゃなかったっけ?

という具合に心境が変化していく自分がいた。

今回はそんなエアプサンの成田ー釜山線の往復搭乗レポートをお届けしたい。

続きを読む

当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.